ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

訪問介護の夏 認知症と独居とエアコンについて感じること

f:id:kaerunorinchan:20170717155507j:image

 

 訪問介護の夏です。

 

塩飴なめてから訪室します。

 

暑い暑すぎる宮崎…

 

f:id:kaerunorinchan:20170718093421j:image

訪問介護で突き当たる利用者さんの生活介護での問題のひとつに、エアコンのことがあります。

 

どの地域に行ってもだいたいある程度の戦中戦後世代の皆さんは、エアコンに様々な理由での抵抗感があります。

 

主人が言いますには、昭和の時代には「エアコンは身体に悪い」という話がかなりあって、そういう知識も邪魔をするのではないか、と。

 

また「不経済だ」という意識、「贅沢品だ」から、周囲への気遣いもあって「使わない」…または「使えない」…

 

「エアコンなんて使わないよ!もったいないからね。わたしはきちんとお金を管理してるんだ。」と言わないと仲間はずれになる危険性も確かにあります。

 

ただ、訪問介護でかなり大変になるのは、認知症が亢進しての「エアコン嫌悪」でしょうか…

 

訪室してみると、ご本人も室内で汗だくだくで、なのに水分もとらずに、「寒い」と訴えられて厚着されたり…←まさに今の、うちの姑さんがコレ。

実は汗をかきすぎて肌着が濡れてしまい、肌に貼り付いて冷たく(も、ないけど)なっていてというケース。

 

またエアコンのリモコンを「とにかく大事なものかも」と様々な方法で包んでしまい、ヘルパーや他人が発見できない…

 

私が先月発見したリモコンは、キッチンペーパーに2重3重に包まれて、さらにお菓子を包む紙の紐でぐるぐる巻き、それをフェイスタオルでくるみ、ビニール袋に入れて縛ってありました。

様々な方が捜されてどうにも見つからず困っていましたが、昨年秋からは、私がメインで訪問介護に入っていて、皆さんの期待を一身に受け(笑)捜索していたら、ある日、訪室した際にリビングの大量のチラシ類の上に置いてありまして、助かりました。

 

同じことにならないように現在は居宅内でヘルパー管理(わたしね)しています。

 

デイサービスの送迎ではエアコンスイッチを入れたり、タイマー設定したりはしないそうです…

してほしい…介護保険制度でできないのかな…それとも忙しいからできないのかな…

 

なので、隔日で入っている私が連続タイマー設定をしようと社長と目論んでいます。今は入ってからの当日のタイマー設定です。なぜなら、ヘルパーが(わたしね)退室し、夜間にエアコンに気がついたら、おそらく交番に電話したり、いろんな可能性があるからです。実際に、エアコンを新しく設置した際に連日で大変な騒動になりました…

 

衣食住のうち、適切な服装を選択しているかはともかく、衣類の着脱は問題ないのですが、他のふたつ、住環境と食事の問題は、本当に大変になっています。

 

認知症の方の独居問題は本当に大変だなあと感じながら、人間の尊厳を保ちながら豊かな老後を模索している、ひとりの訪問介護員です。

 

夏期学校工作準備会

f:id:kaerunorinchan:20170716173913j:image

 

夏休み子供夏期学校の工作準備会。今年はエコクラフトのカゴを作ります。

 

大人の方々が、朝から夕方まで紙バンドを切ったり様々な準備をしてくださいました。

 

f:id:kaerunorinchan:20170716173959j:image

 

エコクラフトのカゴは、以前に今治での夏期学校でしました。当時のうちの子供たちの作品は自宅で使用しています。かなり頑丈です。

 

ちなみにエコクラフト指導は主人です。何しろかつての金型職人で、図面見て何かするのは得意です。

 

 

美しい信条とそのたたずまいをリスペクトする

f:id:kaerunorinchan:20170715021945j:image

 

ここ最近よく考える事は、自分がとても尊敬している…リスペクトしているひとたちは、様々な信仰信条を持っておられます。

 

たとえば、私がとても尊敬し、1度講演会でお会いしたことのある「森のイスキア」の佐藤初女さん。このかたは、おにぎりを握り、丁寧に作られたお食事をイスキアで提供され、それを食べた方々が、心を癒された、と有名になられたのですが、カトリックの信仰深い信徒さんです。

 

思えば、私が小学校の時にあまりにも感動して「あのかたの世界に行きたい」と強く願ったのが、インドのコルカタカルカッタ)でご自身が作られた修道会「ミッショナリー・オブ・チャリティーズ」での活動でノーベル平和賞を受けられたマザーテレサ

この方はもともとはカトリックの教理「カテキズム」の先生で、なんといっても修道女ですから、それはまたすごい。

 

今現在の私のいる世界とカトリック教会はまた別のものですが、それがこのお二方への尊敬には全く影響しませんし、それはごく当たり前のことと思います。

 

また子供の頃、とても好きだったお友達のお宅では、大切にされたお仏壇とお線香の香りがなんだか懐かしく、自分の住んでいる世界とは違う香りであるものの、清廉な美しさに子供ながら心を打たれました。それは相手を大切にするという姿勢、心の向きが子供にもわかったのだと思います。

 

美しい信条、生きる姿勢、そういうものへの尊敬はやみません。

 

本当に美しい信条、信仰を持った方というのは、それがどの方向性であろうと、宗教であろうと、美しいものであると思います。

 

f:id:kaerunorinchan:20170715021950j:image

 

よく言葉巧みに相手を巻き込む方がありますが、本当に美しい信条を持っていない方の言葉というのは、表面だけに感じますし、文字になった時にもとても読みにくく感じます。

 

本当に心が澄んでいる方の言葉は、発語であっても文字であっても、すうっと心に響いてくるものであって、それは不思議なほどです。

 

語彙が豊かで巧みであっても、その心に自分しかない場合は、ご本人が気がついていようとそうでなかろうと、全くこちらに届くものがありません。

 

ひとの生き方って不思議なもので、なんだか相手を見下すようなひとの言葉は、やはり見下しているし、文字にしても心地よいものではありません。

 

相手をリスペクトした上での議論であれば、文字も言葉も心にすうっと入ってくるのですが、そのような心意気のないものについては、目で追う事が困難なのです。不思議ですね。読むことが困難に感じます。目にうるさく、脳が疲れてしまいます。

 

結局は、「相手を尊敬し、相手と自分の垣根をなくして、お互いに違う意見であったとしても、人間の尊厳を持ち、この世界の中で出会えたことに感謝する」心がなければ、すべての会話も文字もまったく徒労に終わると思います。片方に尊敬があったとしても、もう片方が違う方向性であれば、同じく徒労に終わる残念な結果が残ります。

 

そしてそのような場合、そのような人間の尊厳を無視した相手との時間は、ある一定を越えると時間の無駄使いに感じますし、それをむしろ近隣のお困りごとのある方へ使うことを神さまは望まれてはいないだろうかと感じることがしばしばです。これはもちろん私の感じ方であるので、相手との関係性や知恵や知識の度量によっては違う方向性も多くあることでしょう。

 

f:id:kaerunorinchan:20170715021953j:image

 

私が「ああこの方なんて素晴らしいのかな」とため息がでる方々には、お寺の尼さんもおられますし、すてきな雑貨店のオーナーさんもありますし、先のカトリックの方々もあります。

 

みなさん、信仰しておられる宗派に違いがあっても、その方の美しいたたずまいは、みなさん共通です。

 

そのような方を前にしては、「仏教はきらいだから」とか「キリスト教は抵抗がある」「神道を信心するひとは迷信深くあまり好きではない」などという言葉すら、本当に人生を損しているとしか思えず、自分の地平線を狭めているだけであって、なんてもったいないことだろうと思えます。

 

結局、本当の美しいたたずまいは、どの時代、どの社会にあっても、同じく優しさと美しさを放つのだと思います。

 

自分自身はまったく足元にも及ばない情けなさではありますが、自分の承認欲求のためにひとをこきおろすような愚かさは持ちたくありませんし、またたくさんの方とつながることにより、さらに心の地平線を広く遠くに広げていけますように。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

昨日の調理、今日の調理

f:id:kaerunorinchan:20170715184531j:image

 

 昨日、熱中症になった際の調理ですが、訪室時、すでに利用者さんが大鍋でスパゲティ麺を湯がいておられました。

 

今まで何回かそのまま放置され傷んでいた麺。かなり大量に。

 

スパゲティ用のレトルトソースはすでになく、ポン酢と胡麻でサラダスパゲティにしてみました。

 

f:id:kaerunorinchan:20170715184601j:image

 

大好きな唐芋も1日で全て食べておられましたから、南瓜と残してあったりんごを薄切りにして甘煮に。 

 

f:id:kaerunorinchan:20170715184630j:image

 

 今日は主人は隼人。

 

お昼ご飯用には、リングケーキと

 

f:id:kaerunorinchan:20170715184714j:image

 

なすとみょうがの味噌炒め。夏向きなお惣菜。

 

宮崎は今日は私がカレー係でした。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

熱中症になりました

f:id:kaerunorinchan:20170714231207j:image

 

今日は朝イチに姑さんの通院に行き、昼をはさんで午後2ケースに行きましたが、前々から事業所社長と相談しています独居認知症の方の室内が猛暑。


台所で支度していたら滝のような汗でだんだんめまいが。エアコンをつけない方で説得も無理で、後見人もお手上げ状態。


ペットボトル半分にレモン水を作って手持ちしていましたが、どんどん汗が大変になり、90分終わる前にかなり体調が悪くなりびっくり。


その後、30分後から生活援助60分に入りましたが、そちらでもふらふらに。終了後に主人と、姑さんの薬とラコール(経管栄養液)3ケース取りに薬局に行きましたが、立っているのがしんどくて薬剤師さんに相談したら、写真のアクアサポートを飲んで休んでくださいと言われ、車で横になり、塩分タブレットを食べたり。


多分、急激に発汗したのと体温上昇がいけなかったみたい。


その利用者さんの室内はエアコンを見つからないようにつけ、リモコンでタイマーをかけて、リモコンを隠されないように工夫して退室しています。


晩に次男長女が広島から戻りましたが、昨年も長女が帰省した日に大出血起こし入院したので、今回はそうならないように踏みとどまった(笑)。


ただ、やはり体調が落ちたら発疹が出てきていて、要注意でした。服薬してもなかなか。


明日は礼拝日ですし、がんばります。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

人生は刺繍のように

f:id:kaerunorinchan:20170713143126j:image

 

母の作品です。

 

刺繍キットを使っていました。

 

実母は40代で乳癌になり、右胸全部、腕の筋肉、肋骨、リンパ腺を切除しました。

 

実は結婚まで小学校の先生をしていて、私が高学年になったころにはパートで家庭科の先生などもしていたのです。

 

でも乳癌になって(私が高校生の時でしたが)いろいろな事ができなくなりました。

 

もともとは左利きなのですけれど、昭和の時代の習いで、左利きから右に矯正していますので、左で全部というわけにはいかなかったようでした。

 

私が子供の頃は、ジャンパースカートを縫ってくれたり、いろいろしてくれていたのですが、そういったことも全部、腕に力が入らず、できなくなってしまいました。

 

その後、甲状腺に異常が見つかって、3回手術、その後もいろいろな疾患が見つかって、現在も脊椎管狭窄症、突発性難聴で片耳失聴、また脳腫瘍もあるのですが、それなりになんとか生活しています。

 

 私が結婚して転勤生活を始めた頃、同じように結婚後転勤し続けた母が、何か趣味でも持とうかなと言いだして、刺繍のキットを毎月取り寄せました。

 

f:id:kaerunorinchan:20170713143139j:image

 

もともと器用なほうなので、いろいろしたかったみたいで、最初はミニチュアのドールハウスなども作っていたのですが、だんだんと目もしんどくなったりで、刺繍になりました。

 

パッチワークなどもいっときはしていたのですが、パッチワークで大作を作る体力はなかったので、かばん程度だったようです。

 

刺繍は額もセットになっていて、母がいうには「しんどいのに買い物に行かなくても揃ってるから便利」ということで数年続けていました。

 

今はもう歳もとったので、このようなことはできなくなりましたが、実家が妹の家のある市に引越す時に、私が譲り受けました。

 

f:id:kaerunorinchan:20170713141453j:plain

 

残念ながら、その後わたしも引越しを繰り返し、いくつかの額に、なぜかシミが…これもそうです。

 

でもあんまりひどい状態のもの以外はとってあります。

 

引越しが多く、なかなか心を許せる友達もできず、さらに当時はインターネットもなにもありませんでしたから、ちょっと孤独な中年時代を過ごした母ですが、刺繍や縫い物が息抜きになったのでしょうね。

 

私はどうにも手が不器用で、刺繍は本当に苦手で、どうしてこうなっちゃうんだろう!くらいの作品になってしまいます。

 

f:id:kaerunorinchan:20170713141501j:plain

 

これはうちの玄関。がらがらと引き戸を開けるとまずこの刺繍がお出迎えです。

 

人生ってきっと、刺繍みたいなのですよね。

 

裏はけっこうな糸がたくさん使われていて、美しいということではないですが、表はとてもきれいに絵が描かれています。

 

昨日は晩にもだめ押しみたいな出来事があって、少しへこみましたが…

 

ひとが何をどう言おうと、何をどうしようと、わたしはわたしの立ち位置があって、そこで静かに何かをできたらいい。

 

ネット社会では、まさかと思う事も起こったり、どうしてこうなるんだろう?という悪意を感じたりすることもあります。

 

強烈に自分の意識を押し付けてくる方もあって、疲れているときにはちょっと苦しいなと思う事もあります。

 

ただそれだけに意識を集中してしまうと、世の中が暗く沈んで見えてしまう。

 

前に読んだ本に「花畑を歩いているのに、こっちの道の雑草がだめだ、石ころがあって嫌だ、こっちの花が美しくない、とそちらにばかり目を向けないで、今咲いているきれいな花をよくみてごらんなさい」とありました。

 

ついつい、自分の考えと違う方向、自分に対して悪意を持っているひと(昨日はあからさまに面と向かって、ほとんど関係性のないかたから悪意を伝えられてへこんだのです。夫の仕事上、どうしてか奥さんが逆恨みされたりすることがたまにあります。)、ごちゃごちゃとしたものが目についてしまいますが、いま見るべきは美しい景色。

 

人生にはいろんな糸がからまりあって、裏では様々なことも起こるけれど、表の絵が美しく穏やかであるように、しっかり縫っていこうと思います。

 

 母のようには刺繍はできないのですが、花ふきんを作ろうと思ってキットを買ってあるので、今度こそ刺し子をしてみようかな。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

タナローンを見つけた

f:id:kaerunorinchan:20170712181022j:image

 

水曜日は、朝イチからのケアでとても辛い気持ちになることがありました。

 

もとから困難ケースと言われていて、それはそれはたくさんのヘルパーさんが投入されてはメンタルを病んで撤退する…を繰り返した場所。

 

私が投入されて以来、約半年以上、水曜日は、あまりの出来事に、心が震えてしまい、足が崩れ落ちそうになり、めまいがしました。

 

ヘルパーとしてどうなのかと言われれば、失格かもしれませんが…女性としてはどうなのでしょうか。たぶん、このあたりが限界なのかもしれません。

 

でもなんとか踏みとどまって、ケアを終了しました。

 

辛いなあ…消えてしまいたい。

 

そんな気持ちにさせるケアが、今の日本には、あります。

 

水曜日は3ケース連続ケアなのですが、朝イチの困難ケースのあとに行った場所の帰り道、いつも通る可愛いお店の前で、ふと自転車を止めました。

 

…タナローンです。

 

リバティです。

 

可愛い…

 

心がとても沈んでいたのですが、

 

道に向けて飾ってある服の布地を少し触ってみました。

 

涙がでそうです。

 

タナローン…

 

リバティだ…

 

すごいな、すてき。

 

リバティって、少しの端切れがでても取っておく人が多いでしょう、可愛いからね。

 

パッチワークにして何かに使いたいとかね。

 

f:id:kaerunorinchan:20170712181027j:image

 

宮崎市の文化公園の向かいにあるお店です。

 

可愛いな。

 

おそらくは店主さんが作ったお洋服が飾ってあって。

 

…いいな。

 

f:id:kaerunorinchan:20170712181030j:image

 

ここ最近、少し落ち込むことが多くありました。

 

ネットって、便利だけど、その人にとっての必要ではない情報もたくさんみえてしまいますね。

 

私は、自分や自分にまつわるものを、大上段に批判されるのも苦手ですし、そういった話題も苦手です。

 

ディベートや、いろいろな議論をできる方は、それだけの頭の回転があるのだと思っていますが、私には与えられていない能力です。

 

以前、札幌にいた時に、とある方がおっしゃっていたのですが、

 

「転勤して(転勤族の方でした)その後、あのひとどうしたかなと連絡を取るのもよいけど、今、目の前におられる援助を必要としている方を優先したいから、引越しした方とはほとんど連絡をとらないの。」

 

 

最初は、へえーそうなのか…と思いましたが、今にして、お気持ちがよくわかります。

 

実際には目の前におられない方…昔の友人やネット上のお友達など…

そういった方々に心を砕き、話を聞き、キリストと共にあることも大切です…

 

でも、匿名のだれかと議論するのには能力が必要だと感じています。

 

私はそのような能力はいただけませんでした。

 

そうではなくて…

 

家庭で、小さな何かをさせていただくこと、利用者さんのお気持ちに添うこと、そんなことを神さまが語られたと感じています。

 

タナローンはあまりに美しいリバティプリント。

 

その生地を使えば、とてもすてきなつながりがまたできると思います。

 

宮崎市の文化公園前の小さなお店。

 

素敵な事を思い出させてくださってありがとうございます!

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ