ヘルパーステーションけろけろ 

訪問介護員。介護福祉士。IUGRによる帝切含め、帝切4回。要介護3の姑を在宅介護。

3 月は、ライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかな気候で終わる

f:id:kaerunorinchan:20180418082653j:image

春になりました。


新しく
おたよりを
書いたり
描いたり
することにしました。


よろしくお願い申し上げます。

 

「天使のはしご  3月町だより」

tenshinohashigo.hatenadiary.jp

以降は「3月だより」で

お会いできたらうれしです。

 

 

「ヘルパーステーションけろけろ」終了と移行のお知らせ

f:id:kaerunorinchan:20180302082943j:image

おととし大阪で始めたこのブログを、一旦終了させていただくこととなりました。ありがとうございました。ただ、記事はまだ置いておきます。

たくさんの方に愛していただき、たくさんのコメントもいただきました。ありがとうございました。

また、3月中にはhatenaで、聖句や讚美歌にあわせて絵を描きましたというブログを始めようかなと思います。同じidで始めようと思っています。

その際にはこちらにお知らせしたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

たくさんの懐かしい方々、懐かしい場所、忘れません。

これからのみなさま方おひとりおひとりの歩みを、またわたしの子供たちの歩み、わたしの歩みを、神さまが守り導いてくださいますように。

朧月夜

f:id:kaerunorinchan:20180228111506j:image


たくさんのかたに、さよならをきちんと言わないままでしたから…


愛したみなさま、さようなら


ありがとうございました。

幸せになりましょう

f:id:kaerunorinchan:20180228200647j:image

すてきな

わたしだけの

ピアス

届きました。

 

「たくさんの困難な事が起きようとも

私達は笑顔でいましょうね」

のメッセージを添えて。

 

由美さん、ありがとうございます。

 

ひとを

包み込む

優しい光を

放つわたしでありますように。

 

由美さんの。

http://yumi-fields.hatenablog.com/

 

cawaii のプリーツスカート

f:id:kaerunorinchan:20180227112109j:image

cawaii のプリーツスカート。

「朝陽と新緑」という名前の。

 

わたしが、好き、と思う服を

見たり、着たりすることが

とても

とてつもなく

嬉しいです。

 

お言葉どおりにこの身に成りますように

 f:id:kaerunorinchan:20180224092311j:image

 

この1週間、ちびっこに何回も聞かれました。

「ママ、マリヤさんはいたの?」

「どこに?」

「イエスさまの十字架の下よ。

マリヤさんはいたの?」

「どのマリヤさん?」

「イエスさまのお母さんのマリヤさんよ」

「いたよ。聖書に書いてあるよ。」

「そう。

ママ、マリヤさんは、十字架の下にいたの。」

 

エスさまの十字架の、30数年前に、

天使ガブリエルがマリヤの家に現れて

「恵まれた女よおめでとう。主があなたと共におられます。」と告げました。

 

わたしは、マリヤの生涯がこの世の見方からしたら、恵まれたものなのか、そんなことを考えていました。クリスチャンとしたら、もちろん恵まれた女性である、神さまからたくさんの祝福を受けたかた、と考えます。他人には「クリスマスの物語のマリヤ」を話して、その信仰や態度を伝えます。

 

ちびっこは、最近、たくさんの質問をしてくれて、その中に、先程の質問もありました。

 

マリヤさんはいたの?

十字架の下に。

 

そうです…

聖書に書いてある、

 

でも

実感として

持っていませんでした。

 

恵まれた女よおめでとうという

天使ガブリエルの言葉には

この十字架の下に居る時間も

入っていたのですね。

 

恵まれた時間、恵まれた人生

恵まれた女

 

それはなんですか

 

ずっと考えていました。

 

 

絵を描く時

いつも讚美歌や歌を聴いています。

 

 

たまたま流していた、

初めて聴く讚美歌のアルバムから

大好きな讚美歌のメロディが流れ始め

わたしは

おいおいと泣きました。

 

卑しきしもべを

主は守り導き

お言葉どおりに

なりますように

 

 

 

お言葉どおりにこの身に成りますように

という

この言葉から

マリヤの恵まれた人生が始まりました。

 

十字架の下に居る

それは

1番辛い

1番悲しい

1番恵まれた人生なのだと

わかりました。

 

 

 

では

わたしは

なんと答えましょう。

 

 

涙で

下描きの鉛筆も

ペンの先も

色鉛筆の色も見えませんでした。

 

 

お言葉どおりに

この身に成りますように。

 

 

長女、

本日、卒業祈祷週の最終日、

礼拝にて卒業説教です。

長女を支えてくださいました、たくさんの方々に御礼もうしあげます。

えりちゃん、ごめんね。

ママお祈りしてるね。