ヘルパーステーションけろけろ 

介護福祉士です。訪問介護しています。重症妊娠中毒症による子宮内胎児発育遅延で緊急帝王切開してから出産の度に帝王切開しました。小中高大4人の子供、身体障害者の夫、要介護3で認知症の姑さんがいます。大阪から宮崎への引越しと、そのあとの毎日の記録です。

VBAC わたしには欲だった

f:id:kaerunorinchan:20171021054155j:image

 

帝王切開経験者が2回目の妊娠出産を考える時に出てくる「VBAC」、これは帝王切開後の経膣分娩ですが、たいていのかたは、だれでも希望すれば挑戦できると思っていますが、それは違います。VBACには、決められた条件があり、それを満たしていなければ挑戦することもできませんし、また挑戦してくれる産婦人科医、またダブルセットアップという、経膣分娩、帝王切開どちらにでも転べる体制、さらには子宮破裂時に対応できる設備を備えた(人員含む)体制の病院が必要です。

 

ところが、話をしていると帝王切開経験者のVBAC希望率は思ったより多く感じます。わたし自身も、2回目の次男出産時にあわよくばと考えていましたが…適応外でしたし、また1−3人目を診て下さっていた医師に一刀両断されました。

 

VBAC、なぜトライしてみたいのか…

条件さえ揃えば、やってみたい、どうしても、経験してみたい…

 

わたしには、欲でした。

 

帝王切開というと、この社会にはまだまだ批判や非難が存在しています。

それはそれはひどいものもたくさんあります。

特に家庭内、親類内での批判は、本当になぜなのか冠婚葬祭でお酒が入った時などに噴出し(よくある)「楽して産んだ」「女の苦しみを避けて通った意気地なし」「腹に傷がある、傷もの」「子供が普通分娩より成長が劣る」「産後、寝てばかりで何もしない」「下から産んでいないなら緩んでいない」などなど…

たこれがびっくりなことに、たとえば幼稚園や保育園などの保護者との雑談で面と向かって言われる事もよくあります。

バザー準備会などでリーダー格のひとに面と向かって言われると、正直、自分のお産も自分の子供も、そして帝王切開に至った自分も、なんで生きて幼稚園になんて来てるんだろう、くらいの衝撃は受けました。

 

そういう気持ちを払拭したい、とにかく経膣分娩を経験しなければ、みんなの仲間に入れない、そういう気持ちでいました…

 

VBACはいつも、子宮破裂との危険性を伴います。

1度切れ目の入った風船を再び大きく膨らませれば、何も傷のない風船よりはるかに破裂の危険が大きくなるのと同じです。これは設備や医師がそろっても回避できません。

 

そして、子宮破裂が起こったあと、母体も胎児も予後が悪いのです。どちらか片方が亡くなるか、下手をすれば両方か、破裂した子宮は全摘になり、…

 

そこまでしてわたし、なんでVBACなんだろう…したいんだろう…よくよく考えました。

 

f:id:kaerunorinchan:20171021054301j:plain

わたしには、欲、でした。

両方経験しましたもん、わたしだって、女の痛み、わかりますもん、苦しみましたもん、子供も一生懸命育てますもん…

 

その先に待つ、生活が見えていませんでした。

 

VBACできるかしら、してみたいの、と相談した友人には、「上のお子さんを育てる生活を捨てる覚悟があるなら」と言われました。

 

自分の欲のために、上の子を育てることができなくなっても、さらには、その時はお腹の中で順調に育っている下の子を危険にさらすのか…

 

その勇気があるなら、幼稚園の保護者の知識のない悪口や、身内の蔑みにこそ使ったらどうなんだ…

 

結局、適応外であったVBAC、今でも医療事故は起きているようです。

みんな、社会からはじき飛ばされた感じがして、辛かったんだろうなあ…と思います。

 

でも、お産は方法であって、その先にある生活を見てほしい、その場にママ自身がいる生活を見てほしい、と思います。

 

世の中にはたまに、VBAC成功者のブログなどもあります。

それはそのひとの人生。

あなたはあなた、わたしはわたしなのです。

 

最終目的は、お腹の中に住んでいるこの子供を安全に世界に送り出す事。そして、わたし自身がその子を抱きとめ、一緒に歩んで生きていくことではないでしょうか…

 

ママの欲…あっていけないものではありません…

でも産後の生活そのものをかけるには、あまりに代償が大きく感じます。

 

それに、どこかで言われましたけど、ハタチ過ぎた子供が就活の面接で

「俺、何年に緊急帝王切開で産まれました」は、普通言わないでしょ。笑

 

普通分娩か帝王切開かなんていうことが話題に上るのも小学校低学年くらいまで。

 

あとは、お腹のどこを通過して産まれたことではなく、子供とママがどれだけ深く関わり繋がっていくかに重点が置かれると思います。

 

他人の視点にばかり自分の基準を置いてしまうと、お産も子育ても本末転倒になりうるんだなと感じます。

 

 

宮崎市内の産婦人科再診

 f:id:kaerunorinchan:20171020011719j:image

先週の木曜日にGYNの手術を第4子を出産した神戸の病院でして、痛すぎてたくさんのお薬をいただいて月曜に宮崎に戻りました…やっぱりお薬が足りなくなりましたので、アドベンの医師からいただいていた紹介状をもって、8月末に最初に処置していただいた産婦人科に電話したら、今日(水曜)午後に入れ込んでくださいました。なんてご親切!泣


ところが…入れ込んでくださいました時間までに早めに車お願いしますーと頼みました夫が教会の第2長老さんと一緒におでかけしていて戻らず…電話して早めにお願いしたいのですーと泣きつきましたが…これがなかなか…。
入れていただいた時間と、橋を渡ってけっこう向こうにあるクリニックなので、どきどきしてしまいました…

 

結局、時間遅れで到着しましたが、受付の方々にご親切にしていただいて、また看護師さんにも同情していただき、さらには前回豪快すぎた先生に今回はとんでもなく優しくしていただきました。(そんなに悪かったのかわたし)


先生のお話では術中に出血がけっこうあったみたいで、そこに血腫ができてしまい、さらにそのまま縫合になっているとかで「これは痛いなあー辛かったよなあー」と言われて涙。血腫は日にちをみないとなかなか痛みもとれないからと、希望した痛み止め以外にも抗生物質も出て、「また痛かったらどんどん来て」と言われて、思わずにっこり。(痛いのが嬉しいのではありません)

 

再来週頭には、神戸で術後再診察ですが、それまでにはもっとぐんと良くなっていると信じて、自宅静養していますー早く痛いのがなくならないかな…

 

痛みと不安感増大で、睡眠が分断されてしまって…導入剤を使っても目が覚めてしまったり眠れなかったりしますので、もう少しゆっくりしていこうかなと思います。実家と実妹からは「とっとと寝てなさい」と激しいLINE連打もきて、そうかーと反省しております。

ちびっこに歌う子守唄

f:id:kaerunorinchan:20171020004453j:plain

昨日の木曜日、朝からいろいろあったうちのちびっこが、寝る前に子守歌をリクエストしたから「では」とMISIAの「つつみ込むように···」を歌ったら「すいませんが、青春の歌は寝る前はけっこうです」と断られて軽いめまいが。

 

「時に羽 空に青 僕に勇気を」まじめ。

 

「夢に花 花に風 君には愛を」です。

 

コウノドリ2録画を見ながら帝王切開だの心室中隔欠損だの。(ひま)

f:id:kaerunorinchan:20171018162357j:image

 

2年前でしたか、とても感動していたドラマ「コウノドリ」の続編がスタートしたので、録画していました。

 

まんがが原作ですけど、モデルになった医師がおられる病院が関空近くにあるのですよね。

 

最初のドラマの時は、本当に毎回見るたびに涙涙でした…

なんででしょう…人生であれほど、人間の力の及ばないものごとに出会った事がなかったからでしょうかー妊娠とか出産とか。思い出してしまうのかしら。

 

今回、続編の最初のお話は、離島医療、前置胎盤妊娠高血圧症候群に、聴覚障害者の妊娠出産に、心室中隔欠損症に、それにおそらく2回目あたりにつながるのが、産後鬱でしょうかー(前ふりがありました)

2回目の予告では、妊娠中の子宮頸癌もありましたねー

 

いろいろありますねーお産は病気ではないのですけど、死に近いですしね!(言いたい)

 

今回は何を言っても、自分がGYNの術後なものですから、痛いわーとか言いながら観ているので(笑)

 

…緊急帝王切開の場面で

「いえ、そんなにさわやかなお顔で妊婦さんいませんから」とか

「もっと計器の音とかうるさいですから」とか

「わたし術中に嘔吐しましたけど」とか

「帝王切開ですし、十字架状態で両腕ははり付けてられてるはずでしょ!」とか

「…女優さんも、お化粧落としておきましょうか…」(ただのやっかみです)とか

 

あ、ごめんなさい。笑

 

さらに、うちの4番目は心室中隔欠損で産まれましたけど

「…VSD(心室中隔欠損症)で、それくらいでしたら、全然…」とか

「うちのちびっこは、自然閉塞した2歳まで、おとなしかったけど、そんなに気合い入れて人ごみに出さないとかしなかったわたしっていけなかったのかしら…」とか

…えらそうにねぇ。笑

あんなに産後、病室で泣いたのに。笑

喉元過ぎればというわたし。

 

まんがのほうでは、VBAC(帝王切開後の経膣分娩)なども取り上げられているそうですけど…あれなんて、帝王切開の方々の間ではいろいろ話題になりますけど、できないひとのほうが多いですしねえ…(遠い目をしてみます)

 

本音を言えば、わたしもVBACしてみたかったかも。

帝王切開も普通分娩も両方してみたかったのに…ざんねんすぎる。

 

でも幸か不幸か、今回GYNの手術で、「わあ、これって会陰切開のあとの痛いやつよね」と言っていただいたりする事態にもなりましたもので、一粒で二度美味しいというか、せっかく4回もお腹切ったのに、下から産んだのかしら的なハードな傷もいただいて、よかったのかも…(さらに遠い目をしてみます)

 

でも、きれいな心で、コウノドリ2を楽しみにしています。

 

ああ、帝王切開じゃなかったら、あと2−3人産みたかったのになあ…

(本音ですが、 ただし、産む、という行為そのもので、ということですよ。その前とか後とかの話ではありません。本能として子供を産みたいのだと思います。人数を増やしたいのもあったり。これは長男がいつ死ぬかくらいのことがあったので、子供の死に対する恐怖感があるのだと思っています。)

昔、「わたしは子供を産む機械ですか」って泣いた同じ人間とは思えないですね。

でも、子育ては好きです。

 

子育て、辛い事も苦しい事もありますけど、今となっては、子供が産まれてくれたことは、感謝だけです。本当。

 

 

横になったまま愛だの恋だの考える。(ひま)

f:id:kaerunorinchan:20171018131947j:plain

 

家にある「ひるなかの流星」読んだ〜!!(長女のまんが)

 

女子高生可愛い!

 

映画は長女とちびっこが観に行っていました。

 

いいなあ…可愛いな。

 

長女に「愛だの恋だのはどう?」と聞いてみたけど

「悲しいくらい何もないわ」

だそう。笑笑

片思いくらいどうなんよ…笑笑


わたしは学校のクリスマスパーティの時もずっと裏方で

ポスター描いたり寮の食堂のバイトしたりで、

華やかさのかけらもなかったから憧れる…笑

(でも片思いはしてたし笑笑)

 

f:id:kaerunorinchan:20171018132007j:plain

 


「蝶のみちゆき」は珍しく自分が買ったもの。

この10年以上でいちばん好きな高浜寛(女性)の。

 

「SAD GiRL」(という表記)も好きだけど、蝶のみちゆきは特別大好き。

こちらは愛だの恋だのを超えて情愛と情念と運命の世界。

大好き。

 

追記

今朝小学校に登校した次女は、上履きにラブレターが入っていたらしい。笑笑

前々から好きだ好きだ言ってきてる男子のうち1名さまより。…姉もがんばろうか…

 

術後です

f:id:kaerunorinchan:20171016234757j:image

 

月曜日朝、宮崎カーフェリーで神戸でのGYNの手術から戻りました。


6月半ばからの全身ヘルペスと残留ペニシリンによるアナフィラキシー治療が8月頭に終わったらすぐにGYNに異常が出て、宮崎市内で1度処置しましたが約5日で再発(医師の予告通り)、昨年頭のGYN大出血と縫合があり心配もありましたので、先月の神戸でのキャンプミーティング後に関西でずっと受診していた病院受診とプレオペ、先週火曜日夕方の宮崎カーフェリーで神戸に渡り、木曜日朝から入院して手術になりました。


予想に反してとんでもなく麻酔が効かず、術中に麻酔追加追加追加、痛み止め追加追加追加、痛み止め点滴、痛み止め筋肉注射して天井がまわり、一晩痛みで眠れず、金曜日昼に退院しましたが歩行困難になり、よろよろ新幹線で実家に行き、休んで来ました。


ちょうど実家に学校の寮にいる次男長女が、学校の中間休みで泊まりに来ていて会えました。

 

f:id:kaerunorinchan:20171016235253j:image

 

f:id:kaerunorinchan:20171016235217j:image


日曜午後、新幹線で三ノ宮に戻り、宮崎カーフェリーで今朝宮崎でした。

 

f:id:kaerunorinchan:20171016235419j:image

 

f:id:kaerunorinchan:20171016235438j:image

 

f:id:kaerunorinchan:20171016235155j:image


やはり移動がこたえて、痛みが強くなったり。

 

診断書で月末まで仕事休むことになりました。入院中も、実家静養を勧められたり、仕事は無理ではとかさまざまなお話をいただき、考えました。自転車禁止です。


しばらく家で体調を整えます。ブログの停滞からご心配いただいたり、お見舞いのお電話までたくさんちょうだいしました。メール、お便り、お祈りをありがとうございました。無理しないように致します。

神戸に着きます

f:id:kaerunorinchan:20171011070843j:image

神戸に着きます。

 

三ノ宮港。

 

f:id:kaerunorinchan:20171011070913j:image

f:id:kaerunorinchan:20171011070948j:image

f:id:kaerunorinchan:20171011070919j:image

快晴です。