ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

トイレの公共性(リフォーム工事が済みました)

f:id:kaerunorinchan:20170317074337j:plain

けろけろのいる教会では、3週間ほど前からトイレの改修工事がありました。

とても古い教会は味があるのですが、トイレは別。

高齢者障害者が気持ちよく使えることが大切ですね。

1階に2つのトイレ、2階に1つのトイレがありますが、実は今まで障害者用トイレがなくて、車椅子の方をお迎えできない状態でした。

今回、1階の2つを完全につぶして、新しく身障者用トイレと、もう1つを男性も女性も使える仕様に変更しました。壁紙も全部新しくなって、ぴかぴかです!

これは身障者用の内部。

f:id:kaerunorinchan:20170317074347j:plain

身障者用は引き戸になっています。

こちらは入り口から見たところ。

f:id:kaerunorinchan:20170317074355j:plain

2つのトイレのドアの間に洗面台。

車椅子でもそのまま進めるように足元が開いています。

f:id:kaerunorinchan:20170317074406j:plain

こちらは男女両用のトイレ。見えにくいですが、右に男性用便器があります。

トイレは公共性の高い場所では、やはりいろいろな方が利用しやすいようにしないといけないですね。

健常者だけが心地よく使えるというのは、独りよがりですね。

今回、車椅子や身障者の方がいらしても、ささっと使っていただきやすいトイレになって、皆さんとても喜ばれていました。

昨日は、トイレの備品を全て新しくするのに、あちこちに買い出しに。

トイレスリッパや、清掃用品などもきれいになって、ほんとにぴかぴか!

美しいトイレを今後きれいなままで維持しないとねーと相談しています。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

AEON MALL宮崎のスタバでマンゴーティー

f:id:kaerunorinchan:20170316182041j:image

水曜日にスタバに行きました。

仕事と仕事の合間に数時間空いたのですが、主人の仕事関係の用事をすませようと、荷物持ちの長男を連れてAEON MALL宮崎へ。

朝から何も食べていなかったので、スタバで何かと思ったら、ちょうどマンゴーティーの販売が始まっていて、さっそくそれにしてみたけど、ここって宮崎なんだよなあ。笑 マンゴーティー!笑 道ゆくひとも「マンゴーティーだってー」「オレンジが混ざってるらしいよねー」と言いながら。笑

でも美味しかった。けっこう好み。

f:id:kaerunorinchan:20170316182047j:image

けろけろはホットだったんだけど、長男がフラペチーノ。

まさにデザートって感じ。

たまにこういう時間があるといいねえ。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

主人のお誕生日に2種類のケーキを作りました

f:id:kaerunorinchan:20170316181907j:image

水曜日は主人の誕生日でした。

ちょうど、主人の仕事関係の方々とお会いするのに、子供会用に試作した黒糖ふくれ菓子を作りまして、お誕生日ケーキのひとつにしてみました。

ふくれ菓子は鹿児島の郷土料理ですが、これは元からある古いレシピで、タンサンを使用し、玉子と牛乳を使わないものです。お酢も入れますが、綾町で買ったお酢をいれました。まろやかだと思います。

上にレーズンを散らしています。

f:id:kaerunorinchan:20170316181913j:image

こちらはいつものリングケーキですが、洋梨を散らしてみました。

土台がバターケーキなので、しっとりしていて口当たりがいい感じです。f:id:kaerunorinchan:20170316181923j:image

これは、お誕生日プレゼント〜笑

黒糖かりんとうですが、このパッケージのが一番好きなんですよ。たまにはね。

f:id:kaerunorinchan:20170316182119j:plain

そしてこれが買ってほうのいちごのショートケーキ。

こちらは主人のお誕生日用ですけど、実際は姑さんがどうしても欲しいので買ってきたような感じね。笑

でも美味しかったね。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

姑さんの食欲は加速している様子です

f:id:kaerunorinchan:20170314020056j:image

姑さんの食欲を少し押さえようと、先日から精神科医の先生が、晩の眠剤がわりに飲んでいるセロクエルを、リスペリドンに変えてからしばらくしました。

うーん、どうかなー あんまり変わらないかも?

一応、リスペリドンは昨年末に朝晩で服薬したら、せん妄が出たので中止していましたが、寝る直前なら大丈夫だろうということでした。

…でも、結局、食欲は治まらず。

 

例として、昨日の月曜日は、ディサービスでした。お昼ご飯をいただき(通常食)帰宅前の3時にはおやつも食べています。

4時頃にディの車で戻ってくると、玄関まではよれよれなのだけど、その後がしゃきしゃきになり、今日はまず、テーブルに置いてある(わざとです)まんじゅう系に目がいったようです。

まずは、帰宅後におやつ(すでに食べてる)

     ミニあんぱんを1個食べる。

     クリームパンを1個食べる。

     豆乳クリームパンを1個食べる。

      (ここでけろけろが食堂に入ってきました。)

     りんごのふわふわパンを1個食べる。

      (ここでけろけろが晩ご飯がもうすぐですよと伝える。)

    晩ご飯

     焼うどんソース味1人前

     ご飯半膳

     みそ汁

     さつまいも甘煮3切れ

     鶏の唐揚げ2個

     ブロッコリー

     漬け物など

 

えー出し過ぎですよって思うと思うのですが、認知症は我慢できないので、「食べないから」と言いながら、あんぱんを口にどんどん入れて行きます。こちらが取り上げたりしたら、怒ってしまうし、私たちが席を外したその隙に(トイレとか)探して口に「詰め込んでしまう」のです。こちらのほうが危険です。

 

それで、精神科の先生にも内科の先生にもご相談の結果、先生方は同じ意見で

「もう、いい。食べさせてあげなさい。糖尿病でもないし、体重もすごく少なくなっていたんだし(現在40kg)」

そうよねー「食べられない!」と感じて、あわてて口に詰め込んで窒息することもあり得るので、そうならないようにしています。

 

写真は、あっとおどろく、ある晩の食卓に置いておくもの。

様々…(半額シールには自分でもうけるけど、消費期限どころか、当日中に全部消費します)

夜間、未明、私が寝ているほんの数時間の間に、自分が「好きな」パンなどがないと、包丁を探して何かを切ろうとしたりしますから、それを避けるためです。

真ん中のラップに包んだ小さいのは、けろけろが焼いたリングケーキの残りです。

蒸しケーキやリングケーキは先になくなります。

こういうのが認知症の現実だなと感じますが、実は、パンを選ぶのがけっこう楽しかったりする〜笑 

 

お買い物好きな主婦はこれだから楽しいよね。笑

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

姑さんお誕生日。84歳になりました。

f:id:kaerunorinchan:20170314020115j:image

10日は姑さんのお誕生日でした。

本当は3月3日だったらしいのですが、当時の常として、出生届を頼んだ人が、遅くだしちゃったとかで!!!

10日になってます。

お誕生日はいつもいちごの乗ったショートケーキ。

今とくに、甘くてふわふわが最高に好きなので、絶対にこれでした。

84歳になりましたよー

楽しい1年になりますように!

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

姑さんの精神科受診

f:id:kaerunorinchan:20170309161001j:image

 今朝は朝イチから3ケース連続して訪問介護、帰宅後に姑さんと主人にお昼してから、姑さんも一緒に姑さんの精神科受診中。ここは認知症専門デイがありますが、入浴や昼食がつくわけではないので(脳トレなど)受診のみで来ています。姑さんの場合は、強迫神経症というものが先にあるのでなかなか難しく感じています。

「おかずがなんにもない」という姑さんと「なにをおっしゃるうさぎさん」と語る嫁

f:id:kaerunorinchan:20170307171700j:image

姑さんの食欲は治まるところ知らずです。

朝けろけろが起きたら、すでに未明からのお食事第1回目終わった感じ。

ひえーまさかのー!

あちこち探しまわることのないように(包丁とか出しちゃうから)

台所の机の上とかあちこちに配置してある「ミニあんぱん」シリーズや「ふわふわパン」シリーズ、「甘食」シリーズに「みたらし団子系」シリーズ、さらにはバナナ。

こういうのが着実に無くなってます。

でも小学生のうちの末っ子が朝ご飯を食べ始める午前6時半過ぎから、姑さんも台所方向にやってきて(この時は、腰が痛いとか膝がとかは言わない。食欲が優先されている。)「なんか食べなあかんかな」と言ってきて「座っとくわ」となります。

だいたいその時点では、ミニあんぱん2個程度食べたあとだから

「食べられますか〜?」と聞くけど

「体調ようないし(良くないし)まあちょっとだけ食べてみるわ。

薬飲まなあかんしな」という理由付けで何かを食べてるけど

だいたい、今は台所が超寒いから(この社宅には台所にエアコンはない)

「うどん」とか麺類多いかな。

うどんは、卵もとじたりして。

 

でも、姑さんは以前から、食べたい物があると絶対にそれしか食べたくない傾向が強かったです。これは認知症がぎりぎりなの?というあたりからでしたか…いや、それ以前もそうだなー

 

様々なおかずを並べてみても、「その日その時」食べたい物がなければ(最初に表明があるわけでもないので)食べなーい!

 

すっごく食べたい物があるときは、最初にこう言ってくる。

「◯◯を食べなあかんな」

この〜せなあかんな、と言うのが、20年以上前に結婚して同居し始めた時からのくせ。主人もおんなじやけど。笑

この〜あかんな、となったときは、言うた本人が行動を起こすのではなくて、「おたくやってや」です。基本。笑

 

でもそれがわかる場合はまだ良し。

 

ここのところ、本当にわからないことが多いです。

 

今日も、お昼に、白菜と角天の炊いたのと(姑さんは、角天か丸天がすっごく好き)さといもの炊いたの。あとはご飯。

 

でも却下でした。

 

「おかずがなんにもあれへんわ…」

ひえー

「こんなんで、ご飯だけ食べてるしな…」(よく我慢している、と言ってます)

ひえええええ

 

お昼ご飯前に、やはりミニあんぱん1個を食べていた姑さん、お腹いっぱいなんじゃないかとかは関係なしなんです。

 

嫁は

「あらー?どこのディサービスより、いいなー思うおかずがそろってまあす!」

自画自賛。笑

 

そして、お昼ご飯は、完食でした。へへへ。

 

姑さんは、昼の服薬前に

「あれ、飲まなあかんわ」と言ってました。

 

あれ、それは(笑)以前に記事にも書いた、親戚かもしれないっていう「ラコール」です。経管栄養に使用するラコールでーす。

 

ラコール、好きに飲もうとするので困りますが…昨日は、私たちの目をかいくぐり、朝昼晩と3本飲んだ模様。ひえええええ

 

カロリー多すぎだ。さらにお腹ゆるくなるよ。←気にしてないらしい。別の次元で気になるようです。

 

おかずがなんにもなーい、という訴えは、

 

「わたしの好きな物を作ってないじゃないか」という訴えです。

 

でも、今日の昼なんか、さといもの煮っ転がしは、以前から姑さんの超好きなおかずでした。

 

今の、気分、ですね。

 

ここ最近は(年明けあたりからこっち)とにかく、甘いものでやわらかいものに特化していますから、ほっておいたら、いちごのショートケーキとか、チョコ系のふわふわパンとかそんなんばっかりになります。そうすると、主人の怒りが爆発!笑 栄養のバランスを考えろ!ってなる。でもこれが通じるようなら認知症ではなーい。そこを、主人にうまく伝えるのも、けろけろの役目でもあるので、がんばってます。

 

写真は、利用者さん用に炊いたおかず。

さつまいも(からいも)が大好きな方で、日々それだけになりがちなので、芋系を入れてみた。…しっかり人参を残していた。やっぱりね。笑

でも、そのまま置けば、晩に召し上がります。食べ物がなければ食べるということ。

そうでもして、少し食べる物に幅をもたせてほしいと、これもまたヘルパーとして思っています。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ