ヘルパーステーションけろけろ 

介護福祉士です。訪問介護しています。重症妊娠中毒症による子宮内胎児発育遅延で緊急帝王切開してから出産の度に帝王切開しました。小中高大4人の子供、身体障害者の夫、要介護3で認知症の姑さんがいます。大阪から宮崎への引越しと、そのあとの毎日の記録です。

小学生エコクラフトのかご作りその2

f:id:kaerunorinchan:20170726023334j:image

 

日曜日にかなりの部分ができあがったエコクラフトのかご作り。

月曜日は、かごの上部分の飾りになっているバッテン模様と取っ手を作りました。

 

できあがったかごはとってもすてき!

色違いの紙バンドもなかなか効いているでしょう?

 

みんなで少しずつ挑戦した、リバーシブルの布カバーもばっちりです。

このクッキー柄はけろけろが数年前に大阪天王寺のABCクラフトで買った布地ですが、可愛くてお気に入り。

裏返すとチョコミントみたいな、茶色に水色の水玉模様。

 

f:id:kaerunorinchan:20170726023345j:image

 

こちらはおしゃれにまとめた女子のもの。

お弁当なんか入れて遊びに行けちゃうねと言っていました。

 

 f:id:kaerunorinchan:20170726023403j:image

 

こちらは6年生の男子。

 

お寿司柄の布は、AEON MALL宮崎で見つけたもの。

これまたパンチが効いています。

 

f:id:kaerunorinchan:20170726024625j:image

 

月曜日はぶっかけ素麺でした。

みんなたくさん食べてくれて、おやつのすいかもいっぱいでした!

 

f:id:kaerunorinchan:20170726024633j:image

 

いろんなことに挑戦した2日間。

大人も一緒に楽しんだね!

 

また来年も楽しい工作会ができたらいいな!

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

小学生エコクラフトのかご作りその1

f:id:kaerunorinchan:20170723215723j:image

 

今週の日曜日は、近隣の小学生を対象に、教会でエコクラフトのかごを作る工作会をしました。

エコクラフトは紙バンドを編み込んで形を作りますが、途中でボンドを塗りながらなので、少し力も必要だったり、ていねいに作る事が大切。

 

最初、小学生どうかな?と思ったけれど、みんな熱心に集中して編み込んで、あっという間にかなりの部分を作る事ができました。

びっくり!すごい集中力!

 

f:id:kaerunorinchan:20170723215734j:image

 

さらには、かごにつける布カバーも、大人が全部作るのではなくて、少しだけミシンに挑戦してもらうことに。

 

これはけろけろのミシンで、かなり使いやすいコンパクトなタイプですが(もう10年以上使って何回も修理しているものです)小学生が使うにはやりやすいもので、直線の簡単な部分を2カ所、挑戦してもらいました。

 

保護者の方も「できたら挑戦させてみて!」ということでしたし、子供達もやる気満々!そうそう!こうして少しずつ挑戦したら、次のステップもやってみたくなりますね!

 

f:id:kaerunorinchan:20170723215738j:image

 

お昼ご飯とおやつも用意します。

 

今回、たまたまお昼ご飯担当の方が体調不良で、急遽前の晩にけろけろに交替しまして、カレーを25人前作りました。

 

カレーをたくさん作るのは慣れているので、全然らくらくです。

 

f:id:kaerunorinchan:20170723215740j:image

 

ご飯は2升炊きました。ガス釜だから早いです。

 

朝10時から始まって、夕方までたくさん工作して、かなり満足できたみたい。

月曜日も続きをします。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

アドラ国際援助機構の先生とクイズ大会

f:id:kaerunorinchan:20170722220846j:image

 

昨日は、アドラ国際援助機構という団体さん(教会関連)から支部長の先生がみえて、このかたは20年くらい前に宮崎県に住んでおられたのですが、子供会で国際援助や国内の災害支援について、クイズ形式で勉強したり、いろいろな映像を見せていただいたりしました。

 

何しろ、小学生というのは、自分たちの住んでいる校区が全世界です。

 

うちのちびっこも、この広大な校区(何しろ児童が1000人くらいいる!)だけでもう大変!なので、同じ学年の子供でも知らない子がいっぱい…

 

そして社会科では、やっと県内について勉強しはじめていて…

 

九州全体や日本全体についてはもう少し先になります。

 

でも、今回、世界の子供達のお話や画像、また日本での災害と支援の現状について、写真を見ながら学びました。

 

特に、先日の北部九州の豪雨被害については、ニュースや学校でのお話でも聞いていて、子供達もびっくりしながら写真を見ていました。

 

今回は、地震についてのクイズなどがあり、「エレベーターに乗っているときに地震が起きたら、どうするか、AとBからこたえましょう」というような2択のクイズがあったりで、みんな真剣に悩んでいました!

 

そして正解の数が多い子から、好きな外国のコインを選びプレゼントしてもらう!ということになり、相当盛り上がりました!

 

外国のコインは、アドラが支援に行っている国で、たくさんありましたよ!

 

お隣の韓国のものや、遠くはハイチ、またユーロ圏、他にもいっぱいでした!

 

いつか子供達もそのような国に行く事があるかもしれませんね!

 

まだ海外に出た事がほとんどない子供達ですが、外国のお金の小ささや、柄に感動していました!(軽いねーとか、面白い模様!とか)

 

f:id:kaerunorinchan:20170722220903j:image

 

おやつに、インドネシアのお菓子ピサンゴレンを次男が作りました。

 

これはバナナのフリッターです。

 

以前、今治にいた時に、やはりアドラの支部長の先生が子供会に来て下さり、その際に、世界の子供達が食べているお菓子をたくさん作ったことがあり、みんな興味津々でしたので、今回はインドネシアのものにしてみました。

 

日本風にアレンジしてあります。

 

まだみんな小学生ですが、このような形で、世界の子供や災害について学ぶ事は大切だと感じました。

 

今日は1日、工作会になります。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

訪問介護の夏 認知症と独居とエアコンについて感じること

f:id:kaerunorinchan:20170717155507j:image

 

 訪問介護の夏です。

 

塩飴なめてから訪室します。

 

暑い暑すぎる宮崎…

 

f:id:kaerunorinchan:20170718093421j:image

訪問介護で突き当たる利用者さんの生活介護での問題のひとつに、エアコンのことがあります。

 

どの地域に行ってもだいたいある程度の戦中戦後世代の皆さんは、エアコンに様々な理由での抵抗感があります。

 

主人が言いますには、昭和の時代には「エアコンは身体に悪い」という話がかなりあって、そういう知識も邪魔をするのではないか、と。

 

また「不経済だ」という意識、「贅沢品だ」から、周囲への気遣いもあって「使わない」…または「使えない」…

 

「エアコンなんて使わないよ!もったいないからね。わたしはきちんとお金を管理してるんだ。」と言わないと仲間はずれになる危険性も確かにあります。

 

ただ、訪問介護でかなり大変になるのは、認知症が亢進しての「エアコン嫌悪」でしょうか…

 

訪室してみると、ご本人も室内で汗だくだくで、なのに水分もとらずに、「寒い」と訴えられて厚着されたり…←まさに今の、うちの姑さんがコレ。

実は汗をかきすぎて肌着が濡れてしまい、肌に貼り付いて冷たく(も、ないけど)なっていてというケース。

 

またエアコンのリモコンを「とにかく大事なものかも」と様々な方法で包んでしまい、ヘルパーや他人が発見できない…

 

私が先月発見したリモコンは、キッチンペーパーに2重3重に包まれて、さらにお菓子を包む紙の紐でぐるぐる巻き、それをフェイスタオルでくるみ、ビニール袋に入れて縛ってありました。

様々な方が捜されてどうにも見つからず困っていましたが、昨年秋からは、私がメインで訪問介護に入っていて、皆さんの期待を一身に受け(笑)捜索していたら、ある日、訪室した際にリビングの大量のチラシ類の上に置いてありまして、助かりました。

 

同じことにならないように現在は居宅内でヘルパー管理(わたしね)しています。

 

デイサービスの送迎ではエアコンスイッチを入れたり、タイマー設定したりはしないそうです…

してほしい…介護保険制度でできないのかな…それとも忙しいからできないのかな…

 

なので、隔日で入っている私が連続タイマー設定をしようと社長と目論んでいます。今は入ってからの当日のタイマー設定です。なぜなら、ヘルパーが(わたしね)退室し、夜間にエアコンに気がついたら、おそらく交番に電話したり、いろんな可能性があるからです。実際に、エアコンを新しく設置した際に連日で大変な騒動になりました…

 

衣食住のうち、適切な服装を選択しているかはともかく、衣類の着脱は問題ないのですが、他のふたつ、住環境と食事の問題は、本当に大変になっています。

 

認知症の方の独居問題は本当に大変だなあと感じながら、人間の尊厳を保ちながら豊かな老後を模索している、ひとりの訪問介護員です。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

夏期学校工作準備会

f:id:kaerunorinchan:20170716173913j:image

 

夏休み子供夏期学校の工作準備会。今年はエコクラフトのカゴを作ります。

 

大人の方々が、朝から夕方まで紙バンドを切ったり様々な準備をしてくださいました。

 

f:id:kaerunorinchan:20170716173959j:image

 

エコクラフトのカゴは、以前に今治での夏期学校でしました。当時のうちの子供たちの作品は自宅で使用しています。かなり頑丈です。

 

ちなみにエコクラフト指導は主人です。何しろかつての金型職人で、図面見て何かするのは得意です。

 

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

美しい信条とそのたたずまいをリスペクトする

f:id:kaerunorinchan:20170715021945j:image

 

ここ最近よく考える事は、自分がとても尊敬している…リスペクトしているひとたちは、様々な信仰信条を持っておられます。

 

たとえば、私がとても尊敬し、1度講演会でお会いしたことのある「森のイスキア」の佐藤初女さん。このかたは、おにぎりを握り、丁寧に作られたお食事をイスキアで提供され、それを食べた方々が、心を癒された、と有名になられたのですが、カトリックの信仰深い信徒さんです。

 

思えば、私が小学校の時にあまりにも感動して「あのかたの世界に行きたい」と強く願ったのが、インドのコルカタカルカッタ)でご自身が作られた修道会「ミッショナリー・オブ・チャリティーズ」での活動でノーベル平和賞を受けられたマザーテレサ

この方はもともとはカトリックの教理「カテキズム」の先生で、なんといっても修道女ですから、それはまたすごい。

 

今現在の私のいる世界とカトリック教会はまた別のものですが、それがこのお二方への尊敬には全く影響しませんし、それはごく当たり前のことと思います。

 

また子供の頃、とても好きだったお友達のお宅では、大切にされたお仏壇とお線香の香りがなんだか懐かしく、自分の住んでいる世界とは違う香りであるものの、清廉な美しさに子供ながら心を打たれました。それは相手を大切にするという姿勢、心の向きが子供にもわかったのだと思います。

 

美しい信条、生きる姿勢、そういうものへの尊敬はやみません。

 

本当に美しい信条、信仰を持った方というのは、それがどの方向性であろうと、宗教であろうと、美しいものであると思います。

 

f:id:kaerunorinchan:20170715021950j:image

 

よく言葉巧みに相手を巻き込む方がありますが、本当に美しい信条を持っていない方の言葉というのは、表面だけに感じますし、文字になった時にもとても読みにくく感じます。

 

本当に心が澄んでいる方の言葉は、発語であっても文字であっても、すうっと心に響いてくるものであって、それは不思議なほどです。

 

語彙が豊かで巧みであっても、その心に自分しかない場合は、ご本人が気がついていようとそうでなかろうと、全くこちらに届くものがありません。

 

ひとの生き方って不思議なもので、なんだか相手を見下すようなひとの言葉は、やはり見下しているし、文字にしても心地よいものではありません。

 

相手をリスペクトした上での議論であれば、文字も言葉も心にすうっと入ってくるのですが、そのような心意気のないものについては、目で追う事が困難なのです。不思議ですね。読むことが困難に感じます。目にうるさく、脳が疲れてしまいます。

 

結局は、「相手を尊敬し、相手と自分の垣根をなくして、お互いに違う意見であったとしても、人間の尊厳を持ち、この世界の中で出会えたことに感謝する」心がなければ、すべての会話も文字もまったく徒労に終わると思います。片方に尊敬があったとしても、もう片方が違う方向性であれば、同じく徒労に終わる残念な結果が残ります。

 

そしてそのような場合、そのような人間の尊厳を無視した相手との時間は、ある一定を越えると時間の無駄使いに感じますし、それをむしろ近隣のお困りごとのある方へ使うことを神さまは望まれてはいないだろうかと感じることがしばしばです。これはもちろん私の感じ方であるので、相手との関係性や知恵や知識の度量によっては違う方向性も多くあることでしょう。

 

f:id:kaerunorinchan:20170715021953j:image

 

私が「ああこの方なんて素晴らしいのかな」とため息がでる方々には、お寺の尼さんもおられますし、すてきな雑貨店のオーナーさんもありますし、先のカトリックの方々もあります。

 

みなさん、信仰しておられる宗派に違いがあっても、その方の美しいたたずまいは、みなさん共通です。

 

そのような方を前にしては、「仏教はきらいだから」とか「キリスト教は抵抗がある」「神道を信心するひとは迷信深くあまり好きではない」などという言葉すら、本当に人生を損しているとしか思えず、自分の地平線を狭めているだけであって、なんてもったいないことだろうと思えます。

 

結局、本当の美しいたたずまいは、どの時代、どの社会にあっても、同じく優しさと美しさを放つのだと思います。

 

自分自身はまったく足元にも及ばない情けなさではありますが、自分の承認欲求のためにひとをこきおろすような愚かさは持ちたくありませんし、またたくさんの方とつながることにより、さらに心の地平線を広く遠くに広げていけますように。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ

 

昨日の調理、今日の調理

f:id:kaerunorinchan:20170715184531j:image

 

 昨日、熱中症になった際の調理ですが、訪室時、すでに利用者さんが大鍋でスパゲティ麺を湯がいておられました。

 

今まで何回かそのまま放置され傷んでいた麺。かなり大量に。

 

スパゲティ用のレトルトソースはすでになく、ポン酢と胡麻でサラダスパゲティにしてみました。

 

f:id:kaerunorinchan:20170715184601j:image

 

大好きな唐芋も1日で全て食べておられましたから、南瓜と残してあったりんごを薄切りにして甘煮に。 

 

f:id:kaerunorinchan:20170715184630j:image

 

 今日は主人は隼人。

 

お昼ご飯用には、リングケーキと

 

f:id:kaerunorinchan:20170715184714j:image

 

なすとみょうがの味噌炒め。夏向きなお惣菜。

 

宮崎は今日は私がカレー係でした。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ