読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

人生は一度きり。楽しくいきましょう。

f:id:kaerunorinchan:20160624003317j:image

昨日は、主人が晩に東京出張から帰ってきました。上本町のバスターミナルに迎えに行きましたら、なんでも高校生の乗客がTDLから戻らずに飛行機が1時間遅れでした。修学旅行みたい。へえ~そうなんだ。最近はすごい。

主人が戻って、パソコンを入れたリュックとスーツケースをかついで一緒にタクシーで帰宅しました。今回は同僚の方々にもたくさん気を遣っていただいた様子で、感謝でした。

私たちが九州に引っ越すことになって、たくさんの感想をいただきました。九州の南部にある宮崎県ということで、行ったことがない方も多く、「そんな田舎に」とか「お店がないのでは」とか、おっしゃる方もあって、いやそれはあまりに失礼!!と思います。

私たちは大阪に来る前に愛媛の小さな町にいました。そこで私が感じたのは、東京や大阪にあるものは、愛媛の小さな町には全部あるということ。雑貨屋さんとかおいしいお店とかそういうことではないのです。でも、長男の未熟児検診で上京した東京のすてきなレストランでは、出てくるものがとても高価でびっくりしたのに、内容をみたら「愛媛県産〇〇」とか「高知県産〇〇」とかで、その値段がまたすごい。そんな…家のとなりの農協のスーパーならその半額以下で買えるもの、いつもお世話になっている保護者さんの畑ならたくさんあるのに!というようなものでした。

都会にあるものは、ほんとはみんな地方にある。そう思っています。そして、地方にあるもので都会にないものもありました。大きな空、広がる夕焼け、渡る風、たくさんの星、光る海。

それに、たくさんの方々と知り合ったり、人生のひとときを一緒に過ごすことができることはとても幸せ。これは特権かも。うれしいことです。

お引越しは大変で、確かによろよろしてしまうけれど、これから待っている新しい生活や、新しいお友達との時間を楽しみにできなければ、人生は楽しくない。

その上、いま仲良くしてくださっているたくさんの方とも、ずっと仲良くしていくことができる。転勤族はいろいろ大変だけど、その分、お楽しみがたくさんです。

大阪は大きくて楽しいこともお店もたくさんある街。次は、新しい南の国。人生は一度きり。楽しくいきましょう。

絵は、主人のお土産の羊羹。実は主人が一番お気に入り。いつも「かえるに買ってきたでー」とは言うものの、主人が一番楽しみにしています。笑 姑さんも一緒にいただく予定。薄切りにしたら噛めそうね。ありがとう。父ちゃん。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ