読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

「がんばれ」と言わないで

f:id:kaerunorinchan:20160707160514j:image

引越し業者の見積もりを頼んでます。相見積もりなのだけど、訪問でお願いするからけっこう大変。というのも姑さんが寝ている部屋とかももちろん入ってくる。でも姑さんはそういうのがすごーーく気になるんです。なので、ささっと!!!笑 とにかくあっという間に!笑

引越しは一大事業(笑)なのだけど、どんなに説明してもやっぱり当事者じゃないとわかってもらえないことが多すぎる。主人の状態、姑さんの介護度などいわゆる本社の方に説明したけど無理だった。笑 そうだよなあ…きょうび、障害者とは小学校の行事以外では話したことない若い子やら、同居なんて絶対無理!みたいな人ばかり。介護度なんじゃそりゃみたいな。無理もない…だけど心が冷たくなって、穴掘って冬眠したくなったよ。

「けろけろさん応援してます!」と言ってくださる方もあるんだけど、異口同音に「あなたが家族の要!!倒れたら大変!!がんばって!」と言われて…落ち込んでます。笑 ごめんね。せっかく励ましてくれたのに…。

でも、つ、つらい。倒れさせてください。私にも「もうだめ」と言わせてください。かなりがんばってテンションあげてるんです。疲れたあ、逃げたいよう、と言わせてください。言ってほんとに逃げるかどうかは別として(笑)。それにけろけろも体調は万全じゃないのよほんと。今月も甲状腺疾患の検診や婦人科の術後の体調不良もあるし、日々疲労困憊なの。だからお願い、私の口を封じないで。「いいお嫁さんだね。がんばって。何もできないけどお祈りしてるから。」と言われると、根性が曲がっているから泣きたくなるの。

とかいうと「超生意気」とか言われちゃうので、じゃあどういうのが好みか(笑)といいますと、「けろけろさん、しんどいときは、逃げてきていいよ!!ラーメンくらいおごるからね!」とかさ。笑 食べ物ですか〜っていうね。笑

でもなんというんでしょ、こういう生活で逃げ場って大切だと思うの。逃げ場を封じないでほしいの。「がんばれがんばれ」って言われちゃうのももちろんわかるの。でもね、もうけっこうがんばってます。だから「逃げていいよ!」って言ってくれたら、逃げないかも。笑 

自分で「がんばります!」って言ったりしてるんだよね、矛盾してると思います。自分を叱咤激励中なんです。前を向いて進もうと必死ですよ〜

あと、すごーく多いのが「あなたも大変だけど、私は実はこうこうで」という励まし型(実は自分の人生披露型)ね。「○○さんもこれだけ介護大変なんだって」(だからあなただけじゃないんだし、文句言わないのよ)とか「みんなよその家のことは良く見えるものなのよ」(だから文句言わないのよ、みんながんばってるんだし)とかですね。

そうなのよ、ほんとそう。みんなそれぞれ一生懸命がんばっていて、だから文句とか言っちゃだめなの。よそんちが良く見えるのもほんとね。ただね、追いつめられている時って、もうよそんちがどうのも分けわからなくなってるの。だから言いようがなくて、こんなことになっちゃうのよ。そこをわかって欲しいのよね。頭では理解してるつもりが、涙ぼろぼろ出て止まらないの、という感じね。あ、わかりたくない、ってのももちろんありよ。みんな自分の人生で必死なんだから、当たり前。

この人生が自分の選択の積み重ねだってことは重々承知。それでもなお、わがままを言いたいの。「がんばらなくていいよ〜」と言ってくれたらきっといい夢を見るよ。わがまま言ってごめんね。

今日はまだまだ目は回るけど、たくさん用事しています。主人が支持命令してけろけろが動く毎日ね。

近くの八百屋さんで買ったすいか。美味しくてびっくりしました。すいか嬉しいな。

 

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ