読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

主人の仕事用の本だけで60箱を超えるのだ!

f:id:kaerunorinchan:20160710233632j:plain

けろけろ家はこの20年でけっこうな引越しを(転勤)していますが、主人は仕事で本をたくさん使うため(電子書籍になっていないもの、絶版本も多数)自分で購入したり、先輩にいただいたりしたものがたくさんあります。5年前の四国から大阪への引越しの際に、主人の書籍だけで本用の箱が60箱を超えました。引越し業者さんたちもけっこうびっくりされていて、数を間違えないように数えたり数字を打ったりしていました。

主人は今の仕事に就く前に、事情があって、自宅を売却して資格を取る学校へ行きまして、さらにはその頃から必死で本を買ったりいただいたり。そういうわけなので、まさかの「断捨離」なんてことを言おうものならラピュタの雷が堕ちますよ。笑

もちろん私も事情を知っていますので、本はよほどでないと断捨離対象にはしません。

本は主人の以外に、子供たちの本や私のレシピ本などもありまして、これが10箱くらいでしょうか。

本だけで、おおよそ70箱以上ありますので、ダンボールが100枚では足りないです。前回の引越しでは200くらい持ってきてもらいました。

たいていの業者さんは、最初に50くらい持ってきて「あとは必要になったらお電話くださいねーすぐお持ちしますー」となります。最初からたくさんは持ってこないですね。ところがうちの場合、最初に50だと、朝に昼に晩に電話するので(笑)しまいには、さきもってあちらが「たくさん持ってきましたー」となるんでした。もう、持ってくるほうがめんどくさいのでしょう。笑

問題は、たとえばその本なのだけど、けろけろは春に婦人科のほうで入院したりした関係で、できるだけ5kg以上の荷物を持たないようにしています。主人はもちろん箱詰めはしていますが、ダンボールを持っての歩行は無理だから、移動させるのにお手伝いが必要です。となると、現時点ではあと姑さんとちびっこしかいないから(上の子3人は寮生活中)だれも、本を詰めたダンボールを部屋の中で移動させたり積んだりができませーん!!!どうするんだろう…

台所の荷物などはもちろん自分たちで詰めますが、これも重い物がたくさんなので…どうしようかな…

とまああれこれあって、以前に九州から四国への異動の際には、某M引越しセンターがトータル120万円という金額を出してきてびっくりしたことも。前回の四国から大阪へは、ちょうど99万でした。笑 今回も3桁にならないことを祈ってます。

木曜日金曜日では結局、3件見積もりにきてもらいましたが、いつものことですけど「すごい荷物ですねえー」と言われて、「だいたい一軒家ふたつ分ですかね」という。いえいえ、うちは7人家族だから…姑さんも部屋にタンスとかあるし、それぞれいろいろとあるんですよね。

まあ大物は運んでいただくわけだけど、荷造りをどうしていくかをこれから考えます。移動日が決まっているので大急ぎです!

今日のカットは、先日主人が知人からいただいた万願寺とうがらし。主人はとうがらしが大好きで、味噌をつけていただいています。

 

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ