ヘルパーステーションけろけろ 

訪問介護員。介護福祉士。IUGRによる帝切含め、帝切4回。要介護3の姑を在宅介護。

水曜日はけろけろの通院日でした

f:id:kaerunorinchan:20160728170556j:image

昨日は朝イチからけろけろの通院日でした。

けろけろの甲状腺に良性の腫瘍があります。

思えば、昨年の大晦日、仕事に出ていたのですが、帰りに元旦用の買い物をして地下鉄の駅に着いたら、もうしんどすぎて階段を一歩も上がれませんでした。

あまりの疲労に家に連絡して、長男に荷物を持ちにきてもらい、へろへろで帰宅。

その後、元旦はなんとかなったものの、疲労があまりにもとれなくて、でも気合いが足りないのかもとか思っていた1月半ば、主人が東京出張中に、首に異変を発見。

今までなかった大きなこぶみたいなものが。これが気になり始めたためか、数日で嚥下の際に痛みが出るようになり、大きさもどんどん目立ってきて、タートルネックの服を着ているのにあきらかにわかるように。

主人に電話で相談して近所の内科を受診しましたが血液検査をして、翌週、「このままおいておいてもいいのじゃないですかね」という返事。ところがどんどん首周辺のしんどさが大きくなり、気のせいかも…とも思いましたが、引きつれる感じが強くなり、今日検診に行った病院へ紹介状なしで行きました。(近所の内科は特に検査の必要なしというようなことだったので頼めず) 

そうしたら、超音波検査と細胞診で「良性か悪性か判定する」ということに。まあびっくり。それから結局は、1ヶ月半以上かけて検査を数回繰り返して、結果は良性の腫瘍ということでした。ただ、かなり嚥下の際の違和感が強く、大きくなってきていたので手術しましょう、ということを医師から言われて、これまたびっくり。一応、6月頭に手術、ということになりました。

ただ、主人がセカンドオピニオンをという希望もあり、お世話になっている神戸の医師を受診して紹介状を書いてもらって、他の甲状腺関係病院へ。そちらでは、今すぐに手術をしないで経過を見るとのこと。主人が「今まで4回もお腹を切ったのに、次に首も切るとなると気の毒だし、様子をみては」と言いまして、今回引越しで、引越し前の6月に手術となるとやはり体調がますます悪くなりそうだし、切るならいつでも切れるから手術をキャンセルして、九州に行くことにしました。ただし、通院はまた関西に来る予定です。

カットは末っ子が小学校から持ち帰ったほうせんか。花が咲きました!

 

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ