ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

介福国試用の実務経験証明書をもらうのにとっても大変だった

f:id:kaerunorinchan:20160906173414j:image

介護福祉士国家試験、けろけろは実務経験で受験しますが、勤務年数3年(みなしも含む)でいいところ、なんと3年11ヶ月で受けるんでしたーほほほーよく働きました。笑

ところがこの実務経験で受験の場合、働いている事業所に実務経験証明書という書類を書いていただかないといけません。それは複数の場合はもちろんそれぞれの事業所に書いていただくのですけど、これがどうやら世間ではいろいろあるようで、辞め方によっては書いてもらえなかったり!とか、廃業している場合の方法とか(介護の仕事の場合、あっという間に廃業するケースもありますので)いっぱいあります。

けろけろは現在までに3つの事業所でお仕事させていただきましたが、そのうちひとつの事業所から書類をいただけるかどうか、ちょっと心配になっていました。シビアな内容で辞めることになりましたので、スムースに書いていただけるかということもあったし、勤務表がどうなっているのか?ということも心配…

それぞれにお手紙を書いて宮崎の名産品もつけて書類を送付して約ひと月。ふたつの事業所からは1週間以内で書類が返ってきたのですが、心配していたところがなかなか返ってこない…心配だ…となってついに電話したら…サ責(サービス提供責任者)のうちおひとりは春で辞めていた…やっぱり…辞めたいいうてたもんな…

すでに知っているひとは2人くらいになっていたけど、お願いして返送していただいたら…あれ…おかしい…おかしいよ書類…

実はその事業所を辞める時に、有休消化をして退職日を決め、その翌日付けで次の事業所に移ったのです。ところがその退職日が大きくずれこんでいる…あれ、私の在籍日数表持ってるよね…?(不安)

実は実務経験証明書の場合、直接本部に電話で質問したところ、同日に複数の事業所に勤務している場合(たとえば訪問介護事業所2つにパート契約をしていて、午前中がA事業所で、午後がB事業所で仕事していたとか)従業日数内訳証明書という、何月何日に勤務していましたかという書類も事業所に書いてもらわないといけません。これがけっこうな手間…ただ、事業所がかぶってなければ必要ないとのこと。でも、届いた書類では、けろけろが辞めた日からも会社に在籍していたことになり、そうするとダブルワークになりますから、従業日数証明書を新たに請求しないといけない。これだと書類が届いたのが先週なので、大阪との郵便のやりとりをしたら提出期限ぎりぎり。だって提出は今週の金曜日消印有効、なんですもん。

そこでふと思い出した…そこを辞める時にあまりに大変なことになったので主人が「一応、勤務したという日数表みたいなものをもらっておいたほうがええんやないの」と言って、管理者に頼んだんだった…そしたらああだこうだ言いながら、ひと月以上かかってやっとぺらーんと1枚きたんだった…そうだそうだ。

というわけで引越しでまだごちゃつく事務書類を見たらありました!ぺらーんと1枚!

そこで、先の事業所に再度連絡し、こちらのぺら書類のコピーをつけて、実務経験証明書の訂正(印鑑がいります)をお願いしたら…

今日戻ってきたよー泣 けろけろが大奮発(笑)した速達切手の封筒で!!!そしてやっぱりすごいことが判明!!!従業日数が100日違ってたよー!!!泣 おかしいと思ったんだよ!!!2年弱働いたのに、日数が少ない…でも向こうがはんこ押して作った書類だと文句言えない…さらに訂正となると証明が…と思ったら、そのけろけろのぺら紙が唯一の証明だったんでした。その紙にもその事業所の印鑑があったしね。

…やっぱり勤務表、もう処分されてたんだ…ということがはっきりわかった今日。でももらっといてよかった日数表…もしかして会社危ういかも…って思ってもらっていたぺら紙がこんな大事な局面で役にたつなんて…ほんと感謝感謝です。

この実務経験証明書がなくて受験すらできなくなる人もいるので、すごく大事なことでした。

 

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ