読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

愛された利用者さんの思い出

f:id:kaerunorinchan:20170127210926j:plain

大阪の日本橋でヘルパーしていた時に、昔は芸妓さんだったという、空前絶後のすごいゴミ部屋の住人さんに入っていたんだけど、入れ歯がきらいで、なんでも歯茎で噛み切っちゃうんだった。

電気が切れてる真っ暗な台所らしいところで(ゴミでわからん)包丁だったようなもので(暗くて見えん)トマトを切ってくれ言われて(よう切れん)切ったらむっちゃ喜ばれたんやった。

「午後のくつろぎカフェゼリー」を熱烈に愛していて、近くの玉出で買うてきて言われて行って、「値引きのがええねん」言うから50円引きとかの買うと喜ばれた。笑 今日が期限やで!みたいな。笑

ゴミの中に1年とか座っているから、人間の形に影ができてへこんでしまい、施設に行くことになったんだけど、サービス提供責任者が「◯時にアパートの前から車出るからお別れしようや」言うて、みんな仕事の合間だったけどチャリであちこちから駆けつけて、車の窓を開けてもらって「元気でねー」ってお別れした。

しばらくしてサ責が会いにいったら「お菓子がたくさんあってうれしい」ってポテチの袋抱えて喜んでたらしい。半年たって亡くなられたときいたけど、愛されたひとやったわ。なつかしいな。カフェゼリー見るたびに思い出す。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ