ヘルパーステーションけろけろ 

介護福祉士です。訪問介護しています。重症妊娠中毒症による子宮内胎児発育遅延で緊急帝王切開してから出産の度に帝王切開しました。小中高大4人の子供、身体障害者の夫、要介護3で認知症の姑さんがいます。大阪から宮崎への引越しと、そのあとの毎日の記録です。

トイレの公共性(リフォーム工事が済みました)

f:id:kaerunorinchan:20170317074337j:plain

けろけろのいる教会では、3週間ほど前からトイレの改修工事がありました。

とても古い教会は味があるのですが、トイレは別。

高齢者障害者が気持ちよく使えることが大切ですね。

1階に2つのトイレ、2階に1つのトイレがありますが、実は今まで障害者用トイレがなくて、車椅子の方をお迎えできない状態でした。

今回、1階の2つを完全につぶして、新しく身障者用トイレと、もう1つを男性も女性も使える仕様に変更しました。壁紙も全部新しくなって、ぴかぴかです!

これは身障者用の内部。

f:id:kaerunorinchan:20170317074347j:plain

身障者用は引き戸になっています。

こちらは入り口から見たところ。

f:id:kaerunorinchan:20170317074355j:plain

2つのトイレのドアの間に洗面台。

車椅子でもそのまま進めるように足元が開いています。

f:id:kaerunorinchan:20170317074406j:plain

こちらは男女両用のトイレ。見えにくいですが、右に男性用便器があります。

トイレは公共性の高い場所では、やはりいろいろな方が利用しやすいようにしないといけないですね。

健常者だけが心地よく使えるというのは、独りよがりですね。

今回、車椅子や身障者の方がいらしても、ささっと使っていただきやすいトイレになって、皆さんとても喜ばれていました。

昨日は、トイレの備品を全て新しくするのに、あちこちに買い出しに。

トイレスリッパや、清掃用品などもきれいになって、ほんとにぴかぴか!

美しいトイレを今後きれいなままで維持しないとねーと相談しています。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ