読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

人生で出会えた感謝

f:id:kaerunorinchan:20170429224945j:plain

木曜日の午前中、午後のちびっこの通院前に2件訪問…の予定でした。塚本の事業所にいた時の利用者さんですが、事業所を去る時にあなたに去ってほしくないと泣かれた2人の方でした。
 
そのうちのおひとりが、うかがうと車はあるのに応答なく携帯も電話も留守…諦めておみやげを置いて駅に着いたら携帯に連絡があり、駅近くにご入院中でした。
 
昔、仕事で片足切断の障害者で、奥様を早く亡くされ、1人で子供さんふたりを育てた方で、いろいろ教えていただいた思い出深い方。昨年春から夏にかけて、私自身がかなりの体調不良や入院手術と続いたので、引越しのご挨拶もできず、今年になりご連絡したら、また会いたいとのお話でした。
 
駅でもう大阪駅に戻ろうとしていた時に携帯に連絡があって、ごめん大変やろうけど…あなたに会いたい…と言われなんとか時間ぎりぎりでお見舞いに。
 
片足がないのに、転倒で右手骨折、びっくりしました。会えて泣きそうやと言われて何度もこらえてくださり、嬉しい嬉しいと手をにぎり、あなたの手にはたくさんの苦労が隠れているのに、いつも笑顔で慰められたと言ってくださいました。ご回復をお祈りしていますとお別れしました。
 
あなたは特別なヘルパーだった、忘れられないと言ってくださり、こちらが申し訳ないような気持ちです。私には特別なスキルもなく、もっと良いケアができたのではと思うことも多々あります。
 
通常、ヘルパーは極力、個人での関わりは避けますが、心に残る方々があります。人生で出会わせていただいた感謝があります。
 
どのような方に対しても、私の手が、表情が、キリストを表せるように、祈っています。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ