ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

実家の両親の交通事故

f:id:kaerunorinchan:20170528223444j:image

実は先週の金曜日(26日)に実家の両親が、住んでいる地方都市で交通事故に遭いました。びっくりです。

けろけろの実家は日本各地を転々としましたが、今は、妹夫婦が住んでいる地方都市にあります。けろけろが日本各地を転々とする夫と一緒にいるので、さらには姑さんも同居なので、実家の親は妹が同じ市内に住んでみてくれています。といっても、父のほうはわりかた元気で、母のほうが病気がたくさんなのですけどね。

今回、信号のない交差点で、巻き込まれた形の事故ですが、母の乗っていた助手席に車が突っ込んできたため、タイヤも外れて転がり、助手席はかなりつぶれた様子、ただ母は相当細いので、左半身打撲程度で済み、救急搬送はされましたが、入院はしませんでした。

問題は、実は母は、35年ほど前に乳癌の手術を受けていますが、当時は全摘か放射線かのどちらかを選択だったようで、母のほうはとにかく再発したくないということで、右胸部、右腕の筋肉をひじから上全部、右の腹部あたりまで、リンパ節、右の肋骨3本を切除しています。なので、皮膚1枚の下に肺があるというすごい有様で、えぐれていますので、タオルを詰めたりしています。

乳癌のあとに、甲状腺腫瘍が3回手術となり、また糖尿病、心疾患、そこへ脊椎管狭窄症が65歳くらいから出ました。歩行がかなり困難で、もしもこれ以上悪化するなら車椅子になる予定です。

また5年ほど前から脳腫瘍があり、相談した結果、もう歳も手術に耐えられないし、大きさもそんなに変化しないから、共存でいきましょうとなりました。

 

今回の事故で、脊椎管狭窄症が悪化しないかということを心配していますが、今のところ、打撲のところは相当痛みがありますが、狭窄症のほうにはまだ飛び火していないようです。金曜土曜日曜(今日)と3日連続で通院しているようです。

 

気をつけていても、巻き込まれたりする場合があるのが交通事故ですね。けろけろも訪問介護の仕事中、妹も保育士の仕事中で、お互いスマホはかばんの中で連絡がつかず、妹の主人に連絡がいったようでした。

 

とりあえず、この1週間ほどは様子をみながらの通院になりそうです。保険会社も、けろけろたちが徳島にいた時にお世話になった保険代理店さんがしてくださっていて、とても助かっています。

昨晩から父のほうも体調が悪くなり、シートベルトに添って痛みがでてきたようで、今朝はふたりで受診していました。

 

多くの方が心配してくださり、無事を案じてお祈りしてくださったり、ご連絡くださいました。

 

この世の中で、何か大きな名誉や地位や財産を作った両親では全くありませんが、たくさんの方々にこうして無事を祈っていただけて、心から感謝でした。

 

実は今週末、実家に寄る計画がありましたので、ちょうど様子を見てくる予定です。

またあれこれ手伝ったり、調理等してこようと思っています。

 

それにしても本当にびっくり。離れて暮らして長いのですが、遠くにいる親の健康って本当に大切です。

 

とりあえずは、むち打ちがひどく出ない事を祈りたいと思います。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ