ヘルパーステーションけろけろ 

介護福祉士です。訪問介護しています。重症妊娠中毒症による子宮内胎児発育遅延で緊急帝王切開してから出産の度に帝王切開しました。小中高大4人の子供、身体障害者の夫、要介護3で認知症の姑さんがいます。大阪から宮崎への引越しと、そのあとの毎日の記録です。

長男の緊急帝王切開での出産とバッチフラワーレメディの香り

f:id:kaerunorinchan:20170531235703j:image

独身の頃、たまたま入った雑貨屋さんで見つけた本を購入していました。

その後、長男を出産してからメンタルがばきばきになってしまい、バッチフラワーレメディに出会いました。

 

長男の出産は、当時でいう妊娠中毒症(現在の妊娠高血圧症候群)で管理入院していたのですが、とにかく安静にして、塩分もとらずと頑張ってはみたものの、状況は全く改善せず、ある朝、産科医の回診の時に、胎児心拍が落ち始めていました。

 

医師が外来を止めてNICUのある病院を、それこそ東京中探してくれたけれど、どこも満床で、やっと見つけていただいた銀座の向こうの都立の参院へ、救急車で母体搬送になり、到着後、まさかというくらいのあっという間の時間で、緊急帝王切開になりました。それが33週。

 

男児であることはわかっていたので、肺機能がどうなのか、泣くか泣かないかで違う、と言われたのですが、なんとか、ぴーと泣いたようで、NICUには1泊のみのお泊まりで、あとの1ヶ月半をGCU(Growing care unit)で過ごしました。ただ、えらく低出生体重児で、1300gほどしかなく、出生後数日での体重の低下(水分が抜けての)で、1kgになってしまったので、のちのち本人に「ちょうどこの牛乳パック1本と同じね」

「この小麦粉1袋と同じね」というふうに説明したら、納得していました。

(IUGR ・子宮内胎児発育遅延 私の場合は、臍帯血流が10分の1しか胎児にいかなかったために起こったということが、産後にわかりました)

 

極小未熟児、というくくりで当時は言われていたのですが、小児くる病にもなっていて、母乳を必死でしぼるものの、とにかく飲みが少ないし、なんでこんなことになっちゃったんだろう…もっとあれをああすればよかった、こうしたらよかった、妊娠がわかってすぐに教会大掃除で天井を拭くのを頼まれて、机の上に椅子を乗せたものに乗るように頼まれて乗ったら、椅子が壊れていて落下したことがある…あのときどうやら尾てい骨骨折って言われたけど、きっとあれが悪かったに違いない…などなど、とにかく寝ても覚めても後悔後悔。

どれだけ自分を責めてもきりがなくて、細っこい赤ん坊と真っ暗な夜中に起きていると、なんだかもうどうしたらいいかわからなくなって、静かに泣いていたのを思い出します。

 

あんまり気持ちが滅入ってしまい、しまいには、この赤ちゃんはあんまり小さくて細くて飲みが少なくて体重も増えなくて病気もあるし、毎日11回も吐くし、きっと1歳になる前に死んでしまうに違いない、と本気で考えて、よれよれになっていました。

 

そんな時に、たまたまテレビのでバッチフラワーレメディについて放映していて、そうだ、そんな本があったわ、と思い出して、レスキューというレメディを買って、深夜にひとりでお湯にたらして飲んでいたのを思い出します。

 

昨晩、ゼラニウムを湯船に入れて入浴したら、あらとっても良い香り!

なんだろう…懐かしいなあ、と思ったら、どうやらフラワーレメディを垂らして飲んでいた時の香りに似ているみたい。

 

安心しますねー

 

今にして思えば、初めての妊娠出産に、結婚してすぐに遠い場所に行った事、姑との同居がしんどくていつもよれよれになっていたこと、主人の仕事のおつきあいの方々とのやり取りも慣れなくて、よくどうしたらいいのかわからなくなってしまったこと…

 

つわりで脱水になって入院して、その後は妊娠中毒症になって、緊急帝王切開になって、子供にあれこれあって…こんな小さな小さな子供を連れて検診にいけば、あら小さな赤ちゃん、何ヶ月?まあ大変ね、どうしたらそんなことになるの?と言われるのが辛くて、廊下のすみっこにいたりとか…

 

ずいぶん追いつめられていたんだなあ、と思います。

 

深夜にひとりでお湯に垂らしたバッチフラワーレメディ。

あの時の精一杯でした。

 

レスキューのレメディは、その後も何本か購入して使用してきました。

 

あのとき、生きるか死ぬか、もしかしたらかなりの確率で、お腹の中で亡くなるかも、と産科医に言われていた未熟児は、今年二十歳。

 

あっという間ですね。

 

彼は現在、看護師になるための大学に行っていて、だんだんと自分の出生の時の状態も理解することでしょう。

 

お腹の中は神様の領域、と産科医が説明してくださいました。

 

どんなに医療ががんばっても、どんなに体重が立派で、何の問題もなく思えても、亡くなる赤ちゃんはいる。

そして、どうしようもなく亡くなりそうな小さな赤ちゃんが、生き残ることもある。

 

そこには神様の領域があるのだ、と思います。

 

昨晩、ゼラニウムを垂らしたお風呂でいい気分になりながら、

 

あんなに必死だった自分や、夜中にべそをかきながら飲んでいたレメディの香りを思い出しました。

 

懐かしい香りがしました。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ