ヘルパーステーションけろけろ 

介護福祉士です。訪問介護しています。重症妊娠中毒症による子宮内胎児発育遅延で緊急帝王切開してから出産の度に帝王切開しました。小中高大4人の子供、身体障害者の夫、要介護3で認知症の姑さんがいます。大阪から宮崎への引越しと、そのあとの毎日の記録です。

紅斑は出続けています

f:id:kaerunorinchan:20170701214716j:plain

 

紅斑を、頂き物のさくらんぼで表現してみました。

今朝は朝イチから顔が腫れまくり、ついにまぶたも陥落し、
顔がまさにボールのようになりましたので、これでいいのだろうかと
一抹の不安もあり、9時すぎに教会の方にお伝えしてから昨日の皮膚科へ。

 

今日は主人は都城で、早くに出発しましたので。

 

昨晩も姑さんは深夜に嫁の名前連呼でしたから、やはり眠りが浅く、
少ししんどいなあと思ったけど、途中から主人が交替してくれまして、助かりました。

 

ただ、歩行介助(トイレへの)は主人は転倒の危険がたくさんあるので
(主人自身の転倒です。以前姑さんと2人で倒れ込みましたので)
やはりこちらもそうなるよりは自分が出た方がいいなあと。

 

でもトイレだとかしんどいとか痛いとかの訴えがかなり頻繁で
(10分おきになることもあり)そうなるとしんどいので、


「すみませんが、もう来れません。」笑 

 

としっかり言います。

 

でも呼ばれます。

 

聞こえませーん!!笑

 

がんがん呼ばれます。

 

聞こえませーん!!笑 

 

10分ほどしたら、姑さん寝てます…

(毎回はこうはいかないですけどね)

 

それで、結局、昨晩もなかなかでしたので、こりゃ困ったと思ったら、
案の定、朝から顔がドラえもん

 

皮膚科に行きたいので、9時半には姑さんを教会に連れていき、
みなさまにお願いしました。

何しろ、看護師に介護福祉士複数なので助かります。

 

自転車で皮膚科に行って、医師に相談したらば

 

ステロイド服薬があったので、今の薬の効き目が遅いと思う。
あとは、日にちの問題なので、耐えなさい!!」

 

ひえええええ!耐えるんですか!ひいいいい

 

そして

「あなた今ね、ヘルペスが全身で大炎上してるんです」


大炎上!!!

 

ここまで言われたのですごすごと帰りました…

 

大炎上中のわたしは、おかげさまで礼拝には間に合いました…

 

朝イチから教会堂にお願いした姑さんはえらい元気に


母子室のソファーに座っていました…

 

顔が腫れているのであまりにかっこ悪くて、タオルで冷やしたり、マスクで隠したり。

たぶん、あんまり他人は気にならないのでしょうが、自分が気になってしまって。

そういえば、子供の頃に顔面が蕁麻疹(今思えば巨大な紅斑)で
ぼこぼこになった時にも

母からは

 

「あなたが考えるほど、ひとはあなたの顔は見ていないのだから、
気にせずに学校に行きなさい」と言われていまして、というのも、
安息日は学校を休んでおり、当時は月から土まで学校がありましたから、
ただでさえ、親の都合で欠席日数が多くて両親は気をもんでいたので、
高熱ならともかく、蕁麻疹なら登校させるという考えでした。

 

それはそれで、今親になって思うのは似たようなことなので、
特に何も感じてはいないのですが、覚えているということは、
少しは気にしていたのかな。当時の小学校で、宗教がらみで欠席するというのは、
とても大変ではあったので(先生にうとまれて、1mのさしで叩かれたりとか、
宿題をいただけないとか、連絡からはぶかれるとか)そこに蕁麻疹は
子供ながらに「えらいことになった」と思ったのでしょうね。

 

小学校低学年でもやっぱり顔のぼこぼこや腫れは気になって、ぬらしたタオルを手にしてランドセル背負って登校したのを、今朝思い出しました。同じだわー笑

 

というわけで、子供時代と同じく、タオルで顔を冷やしながらあれこれ。

 

夕方、都城から帰宅した主人が、開口一番

 

「すっごいかわいそうな顔になってるわ、こりゃ。」

 

主人がそういうことを言うのはまずないので(笑)よほどひどいらしいです。

 

さらには、頂き物の、主人の大好きな羊羹を

 

「あれ、むいて食べていいから!なんか食えよ!」と

 

慰めてるのかしら。笑

 

でも羊羹丸ごと食いはしないので…笑

 

とりあえず、明日は神戸に行かなくてはいけなくて、何してるんだろう。笑

 

顔が人間になりたーい。笑

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ