ヘルパーステーションけろけろ 

身体障害2級のだんなさんと要介護3の姑さんと4人の子供たちと一緒に、大阪から宮崎まで引っ越ししてきました。家庭と介護と仕事など、様々な生活の記録です。仕事で訪問介護員をしています。

タナローンを見つけた

f:id:kaerunorinchan:20170712181022j:image

 

水曜日は、朝イチからのケアでとても辛い気持ちになることがありました。

 

もとから困難ケースと言われていて、それはそれはたくさんのヘルパーさんが投入されてはメンタルを病んで撤退する…を繰り返した場所。

 

私が投入されて以来、約半年以上、水曜日は、あまりの出来事に、心が震えてしまい、足が崩れ落ちそうになり、めまいがしました。

 

ヘルパーとしてどうなのかと言われれば、失格かもしれませんが…女性としてはどうなのでしょうか。たぶん、このあたりが限界なのかもしれません。

 

でもなんとか踏みとどまって、ケアを終了しました。

 

辛いなあ…消えてしまいたい。

 

そんな気持ちにさせるケアが、今の日本には、あります。

 

水曜日は3ケース連続ケアなのですが、朝イチの困難ケースのあとに行った場所の帰り道、いつも通る可愛いお店の前で、ふと自転車を止めました。

 

…タナローンです。

 

リバティです。

 

可愛い…

 

心がとても沈んでいたのですが、

 

道に向けて飾ってある服の布地を少し触ってみました。

 

涙がでそうです。

 

タナローン…

 

リバティだ…

 

すごいな、すてき。

 

リバティって、少しの端切れがでても取っておく人が多いでしょう、可愛いからね。

 

パッチワークにして何かに使いたいとかね。

 

f:id:kaerunorinchan:20170712181027j:image

 

宮崎市の文化公園の向かいにあるお店です。

 

可愛いな。

 

おそらくは店主さんが作ったお洋服が飾ってあって。

 

…いいな。

 

f:id:kaerunorinchan:20170712181030j:image

 

ここ最近、少し落ち込むことが多くありました。

 

ネットって、便利だけど、その人にとっての必要ではない情報もたくさんみえてしまいますね。

 

私は、自分や自分にまつわるものを、大上段に批判されるのも苦手ですし、そういった話題も苦手です。

 

ディベートや、いろいろな議論をできる方は、それだけの頭の回転があるのだと思っていますが、私には与えられていない能力です。

 

以前、札幌にいた時に、とある方がおっしゃっていたのですが、

 

「転勤して(転勤族の方でした)その後、あのひとどうしたかなと連絡を取るのもよいけど、今、目の前におられる援助を必要としている方を優先したいから、引越しした方とはほとんど連絡をとらないの。」

 

 

最初は、へえーそうなのか…と思いましたが、今にして、お気持ちがよくわかります。

 

実際には目の前におられない方…昔の友人やネット上のお友達など…

そういった方々に心を砕き、話を聞き、キリストと共にあることも大切です…

 

でも、匿名のだれかと議論するのには能力が必要だと感じています。

 

私はそのような能力はいただけませんでした。

 

そうではなくて…

 

家庭で、小さな何かをさせていただくこと、利用者さんのお気持ちに添うこと、そんなことを神さまが語られたと感じています。

 

タナローンはあまりに美しいリバティプリント。

 

その生地を使えば、とてもすてきなつながりがまたできると思います。

 

宮崎市の文化公園前の小さなお店。

 

素敵な事を思い出させてくださってありがとうございます!

 

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ

にほんブログ村

 にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村


福祉・介護 ブログランキングへ