ヘルパーステーションけろけろ 

介護福祉士です。訪問介護しています。重症妊娠中毒症による子宮内胎児発育遅延で緊急帝王切開してから出産の度に帝王切開しました。小中高大4人の子供、身体障害者の夫、要介護3で認知症の姑さんがいます。大阪から宮崎への引越しと、そのあとの毎日の記録です。

真夜中の洗濯物

f:id:kaerunorinchan:20170818051434j:image

 

火曜日の晩、深夜1時をまわったころに、廊下を姑さんがうろうろ。

どうしたのかなーと思ったら、洗濯物を半透明のビニール袋に入れて、引きずっていました。

 

木曜日のディサービスの話を火曜日の晩にしていたためか、洗濯をしないといけないと思ってしまって、

 

「けろけろさん、早く洗濯せな。」

 

とおっしゃる。夜中の1時まわっていますよー泣

 

「明日の朝イチでしますから、早く休みましょうか」と言いますが、

 

一旦は納得してそのまま袋を廊下に置いてベッドに戻ろうとしますが、

 

また

 

「けろけろさん、洗濯はいませなあかんやろ。

ほんならわたしがするわ。」

 

いえいえぜひやめてー

 

この問答を数回繰り返して、

 

もう…洗濯しちゃおうかな、と思って、洗濯機回しました。

 

深夜1時すぎから洗濯まわして

 

深夜2時すぎに干しておりました。

 

姑さんは、思う通りになったので安心したのか、あっという間にいびきになっていました。

 

けろけろさんはというと…眠れなくなっていました。笑

 

水曜日、お仕事もなかなかハードでしたので、ちょっとこたえちゃったわ。

 

だんだんと姑さんの認知症もいろいろあるようになってきています。