ヘルパーステーションけろけろ 

訪問介護員。介護福祉士。IUGRによる帝切含め、帝切4回。要介護3の姑を在宅介護。

365日

f:id:kaerunorinchan:20170830060926j:image

 

「人々が1年間で愛し合える日数 365日」
 
このところ人生の大反省会をしていて、落ち込んだりへこんだり泣いたり。
大切にしてきたもの、大切だったつもりのもの、捨ててきたもの、辛かったこと。
気がついていなかったこと、気がついたこと。取り返しがつかないこと、どうしようもないこと。
子供の頃のわたしや、働いていたときのわたしや、たくさんのわたしが現れて。
どの子も泣き顔で懐かしい。そうなんだ、泣きたかったのかな。
 
なんでなのかな、自分が思った方向と逆に進んじゃう事が多くて、
それあなたの選択ですよって言われてもわかんない…
特に今の訪問介護を初めてから、人の生死やみじめさや切なさと直接向き合う事が多くて。
 
西成のあいりん労働センターの横で、がたがた震えながら見た夕陽や
俺を宮崎に連れて行ってくれ、捨てて行かないでくれと言っていた終末期の
利用者さんにお別れを告げたあとの、扉の閉まる音とか、流れた涙とか。
 
心が弱すぎて、ひとに迷惑をかけてしまって…。
強くなりたいなと思っても、抑えられないくらいへこんじゃう。
感情を封じて生きてきた小学生以降から大人になって、
今頃になって、うずくまって泣いているなんて。
 
でも昨日、利用者さんのところで、いまさらだけど気がついたのは
たぶん…わたしにしかできないケアがあって、悪口雑言の中であっても
しっかり立っていれば、それは可能なんだなって。
 
お前の手は格別だと言われれば、やはり嬉しいし感謝だし。
 
自分をケアしなければ、人を包み込むこともできないのだと知ったけれど…
 
1年間に、ひとを愛せる日数は、365日なんだね。
 
いろんな愛し方、愛の形もあって、でもどうかこの手と、笑顔をもって、
たくさんの方を愛し、愛される事ができますように。