ヘルパーステーションけろけろ 

訪問介護員。介護福祉士。IUGRによる帝切含め、帝切4回。要介護3の姑を在宅介護。

ちびっこの服と運動靴

f:id:kaerunorinchan:20171023080800j:image

体調不良になってからは買出しには子供たちがついて来てくれます。

兄姉がいなくなってからはちびっこ。

毎回大量のトイレットペーパーやボックスティッシュ、姑さんの食べられるお惣菜など(いま調理をほぼで撤退中)買い、カートをちびっこが押してくれますが

「うちの買い物の半分以上はばあちゃんだけが食べちゃうよね」

と言われて、ああ悪いことしたな…。

 

前から「今日の服可愛いねって、わたし言われたことない(ほぼ姉のお下がりかもらいもの)」「秋から着るお洋服がない(もらい物のサイズが会わなくなった)」「運動靴に水が入るから困ってる」…ちびっこは、毎日一生懸命お手伝いしてくれるのに、なんてこと。

 

目の前で「トイレットペーパーがない!ない!」とまだまだ予備があるのに叫ぶ姑さんにばかり、気を取られていました。


昨日夕方、台風が過ぎてから急遽トイレットペーパーを買いに行くとになり、西松屋と隣の靴屋に寄ってもらい、ちびっこにワンピ1枚、上の服2枚、スカート1枚、紐の運動靴を買いました。


「こんなにいっぱいわたしの買ったら、お金なくなっちゃうね」

と言いながら、今朝は上から下まで新品で登校しました。

「誰か気がついてくれるかな?」って楽しみみたいです。

 

わたしの中に、大阪でしんどくて寝ていた晩の11時に「今すぐトイレットペーパー買ってこい」と姑さんにたたき起こされた記憶が強く、大切なちびっこに目が行っていなかった…ごめんね。


可愛い服、また見に行こうね。